スタッフブログ
2016年04月13日 (水) 日常

桜の季節も過ぎ、新緑がきれいな季節になってきましたね。

こんな時には、お散歩に出かけたくなるもの。

 

 

横浜能楽堂の建つ、横浜市西区では、「にしくまち歩きマップ」を配布し、

おすすめのお散歩スポットなどを紹介しています。

 

http://www.city.yokohama.lg.jp/nishi/nisi-sanpo/

 

また、「西区まち歩きアプリ」という、西区のキャラクター「にしまろちゃん(ゆるきゃらグランプリ2015で754位・・・)」がおすすめスポットを訪れると日記を書いてくれるアプリも開発されているとのことで、横浜能楽堂でも日記を書いてくれるとのウワサです。
5月頃に本格リリースとのことですので、ぜひダウンロードしてみて下さい。

 

 

さて、今回は横浜能楽堂おすすめのお散歩スポットのご紹介。

 

 

「謡蹟」とよばれる謡曲ゆかりの史蹟は全国にありますが、西区にもあるのです。

 

 

それが「伝 御所五郎丸墓」。

 

 

横浜能楽堂から京急・戸部駅方面に向かって歩いて行き、戸部小学校入口の次の信号を右折したところにあります。

goro1

 

御所五郎丸は能「夜討曽我」に後ツレとして登場し、工藤祐経を討った曽我五郎に女装姿で近づき、後ろから羽交い絞めにしてひっ捕らえる人物です。曽我兄弟からすると敵役として描かれていますが、一説には曽我兄弟を工藤祐経の寝所に導き、本望を遂げさせた人物とも伝えられているそうです。

 

 

goro2

おなじみの謡曲史跡保存会の立札も

 

その他の能には登場しないようですが、歌舞伎の「御所五郎蔵」に登場する御所五郎蔵の名前は、御所五郎丸に由来するそうです。ちなみに本名題は「曽我綉侠御所染」なので「曽我物」の扱いになっています。

 

 

私が訪れた時には、丁度、近所の方がお参りをしていました。地名も御所山町ですし、地元に因む人物として大切にされているのだなぁと感じました。

 

 

昨年は、ラグビー日本代表の五郎丸選手が注目を集めましたが、横浜能楽堂にお越しの際は、(ハマの)五郎丸ゆかりの地を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

<の>

 

 

次のページ >>
トップにもどる
横浜能楽堂
住所:
〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
電話:
045-263-3055
休館日:
無休 (施設点検日と年末年始を除く)
開館時間:
午前9時~午後8時
横浜能楽堂は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。
©横浜能楽堂