おすすめの公演・催事

2019年1月20日(日)

横浜能楽堂企画公演

風雅と無常-修羅能の世界 第4回「生田の梅」

能には、「修羅能(二番目物)」と呼ばれる曲があります。源平の武将らを主人公として、合戦の有様を見せながら、仏教思想を背景とした人間の苦しみや悲しみが描かれています。さらに、雅楽や和歌など、武将たちの風雅な一面を感じさせる曲も多く、その対比によって悲劇性が一段と際立ちます。 「修羅能」の名曲を6回シリーズで上演します。 第4回は、「三勝修羅」の一つで、日本人ならではの花である「梅」に寄せる思いを主題とした能「箙」を上演します。現代美術家の山口晃が、通常の演出では出さない梅の作り物を特別に制作します。

2019年4月20日(土)

一年間、毎月一回

企画公演「東次郎 家伝十二番」第1回

4月から1年間、毎月大蔵流狂言方の「人間国宝」山本東次郎が東次郎家に伝わる芸の中から十二番を選び、自らが演じます。 「翁」の三番三に始まり、能「船弁慶」の間狂言、そして通常の公演では上演頻度の少ない稀曲・秘曲も織り交ぜながら、狂言の奥深い魅力とともに、山本東次郎の芸を余すところなくお見せいたします。
WEBでのセット券購入はこちらから
https://www.e-get.jp/yaf/pt/&YS=YN0284

トップにもどる