おすすめの公演・催事
2016年10月9日(日)

勝手に決めました、毎月第2日曜日は狂言の日

普及公演「横浜狂言堂」

手紙を運ぶ太郎冠者と次郎冠者の姿が楽しい「文荷」と、みやげの酒を飲まれてしまった聟が空樽を持って聟入りををする「舟渡聟」の2曲をお送りします。

28kyogendo_annual
2016年11月26日(土)

開館20周年記念 横浜能楽堂企画公演

横浜の能

横浜能楽堂開館20周年を記念して、横浜を舞台とした二曲を一挙上演。 父の仇を追い求める兄弟の姿を描く、芸尽くしが見どころの能「放下僧」を喜多流の佐々木多門のシテで、 楓の精が風情豊かに舞う能「六浦」を今年新たに「人間国宝」に人間国宝に認定された観世流の野村四郎のシテでお送りします。 狂言は、主なせりふ以外は「キャアキャア」と猿の鳴き声のみで表現する異色の作品「猿聟」を野村萬斎が演じます。

1.2
twitter
横浜能楽堂の見学 140年の歴史を重ねる能舞台をぜひ一度ご覧ください。

ヨコハマ・アートナビ

ヨコハマ・コドモ・アートナビ


YAF CH

トップにもどる
横浜能楽堂
住所:
〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
電話:
045-263-3055
休館日:
無休 (施設点検日と年末年始を除く)
開館時間:
午前9時~午後8時
横浜能楽堂は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。
©横浜能楽堂