おすすめの公演・催事

2019年3月23日(土)

横浜能楽堂企画公演

風雅と無常-修羅能の世界 第6回「和歌の徳」

能には、「修羅能(二番目物)」と呼ばれる曲があります。源平の武将らを主人公として、合戦の有様を見せながら、仏教思想を背景とした人間の苦しみや悲しみが描かれています。さらに、雅楽や和歌など、武将たちの風雅な一面を感じさせる曲も多く、その対比によって悲劇性が一段と際立ちます。 「修羅能」の名曲を6回シリーズで上演します。 第6回は、平忠度の歌道への執心を、『源氏物語』でも有名な名所須磨の桜を印象的に取り込んで表現した能「忠度」を観世銕之丞が演じます。また、宮中の歌会始に奉仕する宮中披講会が、修羅能に縁の公達が詠んだ和歌を詠み上げます。

2019年6月2日(日)

横浜能楽堂特別企画公演

「大典 奉祝の芸能」第1日

2019年、新天皇が即位されます。横浜能楽堂では、この慶事に際し、古典芸能の中から皇室縁の曲や祝儀曲を集め、特別企画公演「大典 奉祝の芸能」を2日にわたり開催します。 第1日は、天皇陛下が琉歌の形式で詠まれた御歌を歌詞として作曲された「今帰仁の桜」と「歌声の響」の2曲を中心に、琉球舞踊の中から祝儀舞踊ばかりを上演。若手から「人間国宝」を始めとしたベテランまで、琉球古典芸能を代表する顔ぶれが揃って出演します。

トップにもどる