スタッフブログ
2017年09月23日 (土) 日々の出来事

横浜在住21年目になる私ですが、今まで一度も見に行ったことのなかったヨコハマトリエンナーレ。
満を持して(?)見に行って参りました!

今回私が訪れたのは横浜美術館の展示。 美術館の外壁も一つの作品になっていて、いつもの横浜美術館とはちょっと異なる雰囲気になっています。
中に入るとすぐ目に飛び込んでくる巨大なオブジェは、力強い雰囲気を放っていて圧倒されました。
この先にたくさんの素晴らしい作品が展示されていたのですが、すべて書いてしまうとネタバレになってしまうので、ここからは私が展示全体を見て感じたことを述べたいと思います。
 
今回のトリエンナーレのタイトルは、「島と星座とガラパゴス」。
展示を見る前はなんだか神秘的な響きを持つタイトルだなあ、くらいにしか思わなかったこのことばですが、展示を見た今、それが何を言いたかったのかがすっと腑に落ちるような、そんなタイトルだと感じました。

一人の作家さんの作品が集まって作られる「島」、そしてそこを巡る私たちの軌跡や、作品を見て、それらを繋げて意味を持たすことが「星座」。
そうやって作品を見ていくことによって、無意識に「ガラパゴス」になってしまった私たち自身の世界をもう一度開いていく、無意識に「ガラパゴス」になってしまったことに気づかされる、そういう展示なのかなと思いました。
そうやって考えるとこの展示会を横浜でやる意味も見えてきて、なるほどつながるなあと思いました。
展示の中には私にはまだ理解できないようなものもたくさんあって、それらが分からないことがとっても悔しかったし、私もやっぱりガラパゴスなんだと思い知らされました。

長々と書いてきてしまいましたが、全体的にキャッチ―な作品も多く、写真撮影もできるので今流行りのインスタ映えもする楽しい展示会でした!
三年に一度の特別な展示会、皆様もぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ヨコハマトリエンナーレ2017

まる

2017年08月19日 (土) その他

8月11日(金・祝)の特別施設見学会<山の日スペシャル>に、雨天にもかかわらず、横浜能楽堂までお越しいただきましてまことにありがとうございました。
昼の部140名、夜の部84名と、見学会としては過去最多の皆さまにご参加いただきました。特に昼の部では、鏡の間での揚幕体験や楽屋での装束見学が大変混み合い、「よく見えなかった」というお声がありましたこと、お詫び申しあげます。

アンケートにも多くの方にご協力いただきありがとうございます。2つの項目の集計結果とご意見・ご希望についてご紹介いたします。日本の伝統文化や能・狂言へのご関心の高さをあらためて実感いたしました。皆さまのご期待に添えますよう、いただきました貴重なご意見は今後の企画の参考にさせていただきます。
Q.この見学会にどんな事を期待して来られましたか?(n=185 複数回答)

Q.今後、公演以外にどのようなプログラムに参加したいですか?(n=185 複数回答)

Q.その他、ご意見・ご希望などございましたらご記入下さい。(自由回答)

・とても面白かったです。もっと日本の伝統を、日本人に広め伝えられたら良いなと思います。今はむしろ外国人の方々が興味を持って来られることが多い気がしますので、もう一度参加したいです。今度は空いているときに、公演にも是非来ます。(30代男性)

・今回の見学で、横浜能楽堂がとてもユニークな建築であるということを知り、このような文化財がある所に住んでいてとてもよかったなと思いました。(20代女性)

 

なお、横浜能楽堂では、毎月第二木曜日10:00~11:00に無料の施設見学会を開催しております。

(事前予約不要)

平成29年度の予定は次の通りです。どうぞご参加くださいませ。

(10名以上でご来館の場合は、あらかじめご連絡ください。045-263-3055)

施設見学日

平成29年9月14日(木)、10月12日(木)、11月9日(木)、12月14日(木)

平成30年1月11日(木)、2月8日(木)、3月8日(木)

 

はぜの木

 

2017年08月16日 (水) 日々の出来事

高校1年生の生徒さん2名が、この夏、横浜能楽堂に職場体験に来てくれました。

 

この職場体験は高校生のキャリア教育の一環として横浜能楽堂が受入れをしており、今年で3年目になります。今年の高校生は、どのように能楽堂の仕事を感じてくださったのでしょうか? レポートをご紹介します。

——-

暑い日が続きますが、皆様はどうお過ごしでしょうか。

 

私たちは8月5日(土)に行われた「横浜能楽堂講座 人間国宝・山本東次郎先生の『狂言の時間』」と8月7日(月)から行われた「こども狂言ワークショップ~入門編~」のお手伝いをさせていただきました。

 

5日はプログラムの配布と場内警備※を担当しました。お客様をお出迎えする立場となるのは二人とも初めての経験だったためとても緊張しましたが、職員の方々のサポートもあり無事終えることができ、貴重な体験となったと感じております。

※客席内に座ってお客様や舞台進行に目を配る役目です

<プログラムを落とさないようにお子さんには目線を合わせて配ります>

また、「狂言の時間」の中で東次郎先生がおっしゃっていた「狂言は暴力や物を壊すシーンなどの醜いものをできるだけ美しく見せようとする」という言葉は、私たちにとってとても新鮮で印象深いものでした。

 

終演後に、歴史ある狂言面を間近で見ることができたのも、貴重な体験の一つです。

 

7日は、9月2日に行われる特別公演「左右左」という舞台のリハーサル会場の準備をお手伝いした後、「こども狂言ワークショップ 入門編」の受付と記録を担当しました。

 

「左右左」会場準備を通して一つの舞台にも沢山の方々の思いや働きが詰まっていることを感じることができ、その後のリハーサルの見学では演者さんの迫力に圧倒されました。特に、人間国宝である大倉源次郎さんの小鼓の演奏は空気を変えるようでとても心に響くものでした。より多くの人に観ていただきたいと思います。

 

「こどもワークショップ」では私たちよりも年下のお子さんたちが一生懸命お稽古を受けており、この中から次世代を担う演者さんが生まれるのかもしれないと思うと、感慨深いものがありました。もっと多くの若い人にワークショップに参加していただき、狂言を知ってもらうきっかけになったらいいなと思いました。

 

この2日間で今まで関わることのできなかった職種の方々にお会いでき、私たちの成長に繋がったと思います。横浜能楽堂でしかできない体験を沢山させていただくことで古典芸能への興味も深まり、更に色々な舞台に足を運んでみたいと感じました。

 

2日間様々なサポートをしてくださった職員の方々にとても感謝しております。

 

本当にありがとうございました。

 


Nさん、Mさん、2日間どうもありがとうございました。とくに「左右左」のリハーサル会場の準備では、広いスタジオにリノリウムを敷いてテープを貼る作業に一生懸命取り組んでいた姿が印象的です。

 

<リノ敷きは実はけっこうな肉体労働です>

 

機会があったらまた能楽堂に遊びに来てくださいね!

 

RDZV2017

 

2017年08月15日 (火) 公演情報

残暑お見舞い申しあげます

みなさん、「AIR」をご存じでしょうか?
空気? ゲームソフト? 飛行機?
いいえ、ここでは....
アーティスト・イン・レジデンス(Artist in Residence)
アーティストが一定期間その場所に滞在して創作を行うことを言います。

横浜能楽堂ではあまりなじみのない言葉かもしれませんが、
現在、ニューヨークからルカ・ヴェジェッティさんをお招きして、
ジャパン・ソサエティーとの共同制作作品「SAYUSA-左右左(さゆうさ)―」
の創作が行われています。

 

 

横浜能楽堂の主催公演では初めてのコンテンポラリーダンス。
演出・振付のルカさんが、能舞台の特色を活かしながら、
日本を代表する3人のダンサーの表現力を最大限に引き出し、
そこに能の音楽と子方(能の子役)の言葉を織り込んで、
独特の空間が生み出されています。

 

ⓒTerry Lin

 

能舞台の上でダンサーが動くことで感じられる空間。
音の広がりが醸し出す独特の空間。
音と動き、それぞれの空間が融合して、
これまでにない世界が広がります。

 

♦公演情報♦
横浜能楽堂+ジャパン・ソサエティー共同制作作品
「SAYUSA-左右左(さゆうさ)-」

【日時】2017年9月2日(土)14:00開演(13:00開場)
【会場】横浜能楽堂 本舞台
【プログラム】
新作ダンス「SAYUSA-左右左(さゆうさ)-」
笠井叡、中村恩恵、鈴木ユキオ
長山凜三、藤田六郎兵衛(能管)、大倉源次郎(小鼓)
お楽しみに!

 

トラ子

2017年07月23日 (日) 日常

横浜能楽堂の2階にレストランスペースがあります。以前はレストラン営業をしておりましたが、現在はお食事スペースとして運用しています。このスペースにて、約20年前の開館以来使われているとっても素敵な椅子があることをご存知ですか?
この椅子についてもっと知りたくなり、メーカーさんに問い合わせてみました。椅子にまつわるお話をご紹介します。

その椅子は、AIDEC(アイデック)社の「VIENNA(ヴェナ)」シリーズのもので、インハウスデザイナーによりデザインされた商品。現在も同シリーズは継続販売されています。渋谷区神宮前のショールームを訪れると、様々な「VIENNA」シリーズの椅子に出会えます。国内に自社工場を持ち、多様な張り地を選択できるところにとてもこだわりがあるようでした。

 

   「VIENNA」シリーズについて(メーカーホームページより)
「19世紀初頭、それまでの装飾過多から単純明快な様式としてドイツ、オーストリア で流行したビーダーマイヤー様式、そして19世紀末、ヨーロッパの中心として活気づくウィーン(VIENNA)に登場したユーゲントスティール。これら過渡期の様式が持つ圧倒的な魅力を現代の空間に向けてリ・デザインした、優美で洗練されたシリーズです。」

 

横浜能楽堂の椅子は、木の材質はブナ材、色はチェリーブラウンです。座面と背もたれの張り地はビロードで、なんともいえないニュアンスのある淡い淡いモスグリーン。窓から差し込む光や照明、見る角度により色が変化します。背もたれの楕円の張り地の周りを白と黒の2色のブレードが囲んでいます。このブレードの触感がとても心地よく、私は気に入っています。

AIDEC社様が約20年前当時の該当する型番のカタログ写真を送付してくださいました。横浜能楽堂のものとは色・柄が異なるため、おそらく木の色・張り地・ブレードまで細々とオーダーしたものと思われます。

 

19世紀ヨーロッパのビーダーマイヤー様式からユーゲントスティール様式の過渡期のデザイン様式をもとにリ・デザインされた椅子が、同じく19世紀(明治8年)に旧加賀藩主・前田斉泰の隠居所の一角に建てられた能舞台を移築・復元した横浜能楽堂のレストランにやってくる・・・ちょっと素敵なストーリーだと思いました。

 

レストランスペースは、公演のある日には、開場から開演までの1時間はお食事スペースとしてご利用いただけます。この椅子でお食事すると、いつもの味が少し特別な味になるかもしれません。レストラン営業は行っておりませんのでお弁当などをご持参くださいませ。お声かけいただければレストランスペースのご見学も可能です。ご利用・ご見学について詳しくはお問合せください。(横浜能楽堂 045-263-3055)

 

はぜの木

<< 前のページ
トップにもどる
横浜能楽堂
住所:
〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
電話:
045-263-3055
休館日:
無休 (施設点検日と年末年始を除く)
開館時間:
午前9時~午後8時
横浜能楽堂は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。
©横浜能楽堂