お知らせ
2016年08月13日 (土) 公演・催事

横浜能楽堂外ノ芸術祭2016「赤レンガ薪能」が、9月24日に横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催されます。それに先立ち8月26日、「赤レンガ薪能」で使う「鏡板」の公開制作を行います。

「鏡板」?
知らない人も多いかもしれませんが、能舞台の奥には必ず松が描かれています。これを「鏡板」と言います。
古来から日本人は、松に神様が降りて来ると考えて来ました。神事芸能を源流とする能の舞台には欠くことの出来ないものですが、通常、「薪能」で仮設される能舞台にはありません。今回は、特別に背景の横浜港の夜景を楽しめるようにと、幅は約5.7メートル、高さは約2.4メートルの透明の板に描いてもらうことにしました。

描くのは・・・なんといま最も注目されている画家の山口晃さん!
演者の「お邪魔をせず、しかと引き立てるようなものができたら」と山口さん。
どんな松が描かれるのか今から楽しみです。

山口晃
山口晃顔photo by Yohei Sogabe (640x563)
photo by Yohei Sogabe

プロフィール
東京生まれ、群馬県で育つ。東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了。
現代のアートシーンで注目を集める画家。水戸芸術館現代美術ギャラリー、鹿児島県霧島アートの森など全国各地で個展。平等院養林庵書院に襖絵を奉納。第4回岡本太郎記念現代芸術大賞優秀賞を受賞、『ヘンな日本美術史』で第12回小林秀雄賞を受賞。近著に『山口晃 大画面作品集』。

ぜひ山口さんの「鏡板」制作にお立合いください。
日時:平成28年8月26日(金)11:00~20:00まで(予定)
場所:クイーンズスクエア横浜 1F「クイーンズサークル」(みなとみらい線「みなとみらい駅」すぐ)
アクセスはこちら

9月24日(土)横浜能楽堂外ノ芸術祭2016「赤レンガ薪能」の公演詳細はこちら

2016年03月03日 (木) 公演・催事

第1回
平成28年6月11日(土)午後2時開演(午後1時開場)
「翁」(観世流)梅若玄祥、山本東次郎
【新作】「横浜風流」(大蔵流)山本則重
※「翁」上演中は、入場を制限させていただく場合がございます。何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

第2回
平成28年7月17日(日)午後2時開演(午後1時開場)
【複曲】狂言「浦島」(和泉流)野村又三郎
能「杜若」(金剛流)金剛龍謹
第3回
平成28年8月21日(日)午後2時開演(午後1時開場)
狂言「蝉」(和泉流)野村万蔵
能「熊野」(宝生流)宝生和英
第4回
平成28年9月24日(土)午後2時開演(午後1時開場)
狂言「八尾」(大蔵流)山本泰太郎
能「藤戸」(観世流)観世銕之丞
 

【セット券】
料金/S席28,000円 A席24,000円 B席20,000円
チケット発売/3月12日(土)正午から(初日は電話のみ)
*セット券は電話または窓口でのみ販売します。
【単独券】
料金/第1回:S席9,000円 A席8,000円 B席7,000円
   第2回~4回(各回):S席7,000円 A席6,000円 B席5,000円
チケット発売/3月26日(土)正午から(初日は電話・Webのみ)
 

横浜能楽堂は、今年開館20周年を迎えます。これを記念して、企画公演「伝説の能面 狂言面」をシリーズで開催します。能、狂言の各家が秘蔵する能面・狂言面に焦点をあて、それぞれの面に最も相応しい曲をお送りします。「翁面」の名手として知られた日光作の「白式尉・黒式尉」、秀吉愛蔵の龍右衛門作の「雪月花の小面」のうち金剛流の本面「雪の小面」、宝生流の本面で鼻の付け根にあるカゲが特徴的で、数ある「増」の中でも屈指の名作として知られる「節木増」、死人を横に死相を写したという伝説が伝わるほど迫真の形相を生み出した日氷作の「蛙」(観世銕之丞家蔵)など、伝説的な能面が使用されます。

2015年11月26日 (木) 公演・催事

ongakukakumeiサムネイル(小)横浜能楽堂が、日本・アルゼンチン両国の伝統音楽である「邦楽」と「タンゴ」との新たな出会いをプロデュースする。
その名も「音楽革命(Music Revolution)」!
「新日本音楽」を推進して数々の名曲を残した宮城道雄、その弟子で「現代邦楽」を代表する作曲家・唯是震一、そして唯是の盟友・山本邦山。彼らは、邦楽の世界に「革命」をもたらした。
時を同じくして、アルゼンチンではアストル・ピアソラが、「ヌエボタンゴ(新しいタンゴ)」を確立し、タンゴの世界に「革命」をもたらした。それまで常識だった「踊るためのタンゴ」ではなく、「聴くためのタンゴ」だった。
今回のコンサートは、「音楽革命」を引き継ぐアーティストの共演。
コンサートの前半は、宮城・唯是・山本の代表曲を邦山の愛弟子・藤原道山、唯是の孫・奥田雅楽之一が演奏。最後の道山作曲「東風」には、パブロ・シーグレルも加わる。
後半は、若き日にはピアニストとしてピアソラと共に新しい音楽を追い求め続け、現在では作曲家としても知られるパブロ・シーグレルが中心。ピアソラの名曲とシーグレルの作品を演奏する。最後には、シーグレル書き下ろしの新作「12 horas ~重なる瞬間(とき)~」を総出演で初演する。
日本・アルゼンチン両国で始まった「音楽革命」は、今も、そしてこれからも、引き継がれる。

 

藤原道山
人気・実力ともに現代を代表する尺八奏者。「人間国宝」の山本邦山に師事し、国内外問わず様々なジャンルの一流アーティストと共演するなど、伝統芸能の枠に止まらない幅広い活動を展開している。一方、「松尾芸能賞」新人賞を受賞するなど、伝統芸能の世界でも高い評価を得ている。東京芸術大学非常勤講師として後進の指導にもあたる。
パブロ・シーグレル
アルゼンチンタンゴの世界では、伝説的なピアニスト。幼少期からクラッシック音楽を学び、1978年にはピアニストとしてアストル・ピアソラ楽団に入る。解散後、ニューヨークに拠点を移し、ピアニスト・作曲家・指揮者として、ジャンルにとらわれない幅広い活動をしている。「ラテン・グラミー賞」タンゴアルバム部門・最優秀賞を受賞。

 

プログラム
・「火の島」(作曲:唯是震一)
・「ロンドンの夜の雨」(作曲:宮城道雄)
・「峠花」(作曲:山本邦山)
・「甲乙」(作曲:山本邦山)
・「東風」(作曲:藤原道山)
・「ブエノスアイレスの秋」(作曲:アストル・ピアソラ)
・「天使の序章」(作曲:アストル・ピアソラ)
・「石蹴り遊び」(作曲:パブロ・シーグレル)
・「別れのミロンガ」(作曲:パブロ・シーグレル)
・「ロホ・タンゴ」(作曲:パブロ・シーグレル)
・「リベルタンゴ」(作曲:アストル・ピアソラ)
・横浜能楽堂委嘱作品
「12 horas ~重なる瞬間(とき)~」(作曲:パブロ・シーグレル)

[出演]ピアノ:パブロ・シーグレル/尺八:藤原道山
箏:奥田雅楽之一/邦楽囃子:蘆慶順
バンドネオン:北村聡/コントラバス:西嶋徹
クァルテット・エクセルシオ
(バイオリン:西野ゆか、山田百子/ビオラ:吉田有紀子/チェロ:大友肇)
2016年2月27日(土)・28日(日)
横浜みなとみらいホール 小ホール
午後2時開演(午後1時半開場)
料金:4,000円(全席指定)

チケットお申込み:横浜能楽堂/Tel.045-263-3055
横浜みなとみらいホールチケットセンター/Tel.045-682-2000
http://www.yaf.or.jp/mmh/index.php
チケットぴあ/Tel.0570-02-9999(pコード279-954)

チケット発売:11月7日(土)正午より(初日は電話・WEBのみ)
*電話・WEB予約開始日にチケットが売り切れた場合、窓口での販売はございません。

2015年10月13日 (火) 公演・催事

琉球王朝時代からの優れた「技」を伝える、首里の織物「人間国宝」宮平初子と紅型の「人間国宝」玉那覇有公の作品を展示します。横浜能楽堂企画公演「琉球の美 技と技」で使用する衣装とともに、琉球王国時代の高い技術と洗練された美意識を脈々と受け継ぐ両氏の作品をお楽しみください。

 

会 期 :平成27年10月31日(土)~12月20日(日)
会 場 :横浜能楽堂 二階展示廊
開館時間:午前9時~午後8時
休館日 :11月9日(月)・16日(月)、12月7日(月)14日(月)
入場料 :無料

 

※有料の催しがあるときは、チケットをお持ちでない方はご入場できません。
※開館時間は変更になる場合がございます。詳しくはお問合せ下さい。

2015年09月11日 (金) 公演・催事

平成28年1月からの企画公演「生と死のドラマ」のチラシができました。

 

横浜能楽堂企画公演「生と死のドラマ」チラシ

 

能・狂言が花開いた中世。それは、「生」や「死」が今よりもずっと近しい時代でした。それを象徴するかのように、能・狂言の作品には様々な生や死が描かれています。人は死後も霊として現れ、草木などの自然にさえ人格が宿ります。そして生きる者は、「生」「死」の問題に直面し一喜一憂します。この能・狂言に見られる死生観は、600年以上経った今なお「生きること」「死ぬこと」を永遠のテーマとする私たちに、何を示すのでしょうか?能・狂言の作品と講演による4回シリーズを通じて迫ります。

 

セット券は、9月12日(土)正午から発売となります。 ※単独券につきましては、残券がある場合のみ、10月24日(土)の正午より発売となります。

 

横浜能楽堂企画公演「生と死のドラマ」

第1回  平成28年1月30日(土) 開場:午後1時 開演:午後2時

講演:高橋睦郎(詩人)

狂言「枕物狂」(大蔵流)茂山千五郎

能「鸚鵡小町」(喜多流)香川靖嗣

「生と死のドラマ」第1回 公演情報

 

第2回  平成28年2月11日(木・祝) 開場:午後1時 開演:午後2時

講演:多川俊映(興福寺貫首)

狂言「政頼」(和泉流)野村萬斎

能「重衡」(観世流)味方玄

「生と死のドラマ」第2回 公演情報

 

第3回  平成28年2月20日(土) 開場:午後1時 開演:午後2時

講演:西野春雄(能楽研究家)

狂言「武悪」(大蔵流)山本東次郎

能「仲光 愁傷之舞」(観世流)野村四郎

→ 「生と死のドラマ」第3回 公演情報

 

第4回  平成28年3月21日(月・休) 開場:午後1時 開演:午後2時

講演:山折哲雄(宗教学者)

狂言「野老」(和泉流)野村万作

能「芭蕉」(宝生流)武田孝史

→ 「生と死のドラマ」第4回 公演情報

 

チケット料金: セット券/S席:28,000円 A席:24,000円 B席:20,000円

チケット発売:9月12日(土)正午より(初日は電話のみ) ※セット券は電話または窓口でのみ販売します。

 

単独券(第1回)/S席:10,000円 A席:9,000円 B席:8,000円

単独券(第2回・第3回・第4回)/S席:7,000円 A席:6,000円 B席:5,000円

チケット発売:10月24日(土)正午より(初日は電話・WEBのみ)

※セット券が完売した場合、単独券の販売はございません。

※電話予約開始日にチケットが売り切れた場合、窓口での販売はありません

 

お申込み・お問合せ:横浜能楽堂 045-263-3055

2015年06月24日 (水) 公演・催事

井伊直弼を偲んで毎年開催する「横浜かもんやま能」。

かもんやま能チラシ表

第32回を迎える今年は、井伊家お抱えの狂言方だった茂山家の茂山千五郎が狂言「月見座頭」を、

能は観世銕之丞が、遂にわが子と出会うことができない母親の悲哀を描いた名曲「隅田川」をお送りします。

 

平成27年10月4日(日)午後2時開演(午後1時開場)

解説:鵜澤 久

狂言「月見座頭」(大蔵流)茂山千五郎

能 「隅田川」(観世流)観世銕之丞

 

 

チケット代金: S席4000円/A席3.500円/B席3.000円

チケット発売:平成27年8月1日(土)正午より(初日は電話・Webのみ)

*電話予約開始日にチケットが売り切れた場合、窓口の販売はありません。

 

 

 

2015年06月09日 (火) 公演・催事

昨年ご好評を頂きました講座「梅若玄祥のスリーステップで学ぶ能」を今年も開催します!

 

梅若玄祥のスリーステップで学ぶ能チラシ

 

「難しい」「分からない」と敷居が高く思われがちな能。確かに貴族・武家社会の中で洗練されていった能は、現代人には「難しい」と感じさせる要素が沢山含まれています。しかし、それらの要素を押さえてしまえば、後はそれぞれの感性で楽しむのみ。
本公演では、まず、梅若玄祥、馬場あき子、三田村雅子、各界の第一人者として活躍する3人が、源氏物語に登場する女性の中でも、儚げな美しさで人気の「夕顔の女」を描いた能「半蔀」をテーマに、「題材となる作品世界」、「詞章に込められた意味」、「謡や型が表現するもの」についてスリーステップで徹底的に講義。その後、舞台鑑賞を行うことで、初心者でも能の世界が分かりやすく理解できます。

 

 

平成27年9月19日(土)午前10時半開演(午前10時開場)

 

ステップ1「源氏物語『夕顔巻』を学ぶ」 三田村雅子(フェリス女学院大学名誉教授)

 

ステップ2「能『半蔀』の詞章を読む」 馬場あき子(歌人)

 

ステップ3「能『半蔀』を知る-演者の視点から-」 梅若玄祥(能楽師)

 

 

能「半蔀」(観世流)梅若玄祥

 

公演詳細はこちら

 

チケット料金:S席5,000円/A席4,500円/B席4,000円

チケット発売:平成27年6月13日(土)正午から(初日は電話・Webのみ)

※電話予約開始日にチケットが売り切れた場合、窓口での販売はありません

お申込み・お問合せ:横浜能楽堂  電話 045-263-3055

2015年04月02日 (木) 公演・催事

 

名人を揃えてお送りする特別公演。子煩悩な親鬼の姿が微笑ましい狂言「首引」を大蔵流の山本則俊の出演で上演。能は、光源氏のモデルと言われる貴公子・源融大臣の説話を題材とした世阿弥作の名曲「融 白式彩色之伝」を人間国宝・梅若玄祥の出演でお送りします。蝋燭明かりによる舞台をお楽しみください。

 

平成27年7月5日(日)

開場:午後1時 開演:午後2時

 

狂言「首引」(大蔵流) 山本則俊

能「融 白式彩色之伝」(観世流) 梅若玄祥

 

公演詳細はこちら 

 

チケット料金:S席 7,000円、A席 6,000円、B席 5,000円

チケット発売:4月11日(土)正午より(初日は電話・WEBのみ)

※電話予約開始日にチケットが売り切れた場合、窓口での販売はありません

 

お申込み・お問合せ:横浜能楽堂 045-263-3055

2015年01月30日 (金) 公演・催事

横浜能楽堂2014年度年間スケジュールができました。

 

詳細は ↓ をクリック !!

 

H27年度年間スケジュール

2014年07月09日 (水) 公演・催事

12月23日開催の企画公演「明治八年 能楽の曙光」のチラシができました。

 

 

nougaku_no_shokou

 

 

 

横浜能楽堂舞台140年祭 横浜能楽堂企画公演「明治八年 能楽の曙光」チラシ

 

 

明治八年。それは、明治維新の混乱により衰退していた能楽界が再起の兆しを見せ始めた時期でもあります。この年の大きな出来事として、現在の横浜能楽堂の舞台が前田斉泰邸内に造られたこと、そして一度は隠居し能楽界を離れていた宝生九郎が、梅若実の強い勧めにより舞台に復帰し、梅若舞台で実をツレに迎え「蝉丸」を舞ったことが挙げられます。梅若実、宝生九郎、前田斉泰、この3人の奔走により、翌年の岩倉邸での行幸啓能が成功し、本格的な能楽の再興へと向かっていきます。
横浜能楽堂本舞台築140年の記念の年にあたる2014年、梅若実、宝生九郎、前田斉泰、彼らの功績を称え、明治八年に演じられた能「蝉丸」を再現。宝生流家元・宝生和英が逆髪、梅若家当主・梅若玄祥が蝉丸を演じます。狂言は、その際併演された「狐塚」を前田家に縁の深い野村万蔵家・三宅家により上演します。

 

横浜能楽堂舞台140年祭 横浜能楽堂企画公演「明治八年 能楽の曙光」

 

平成26年12月23日(火・祝)

開場:午後1時 開演:午後2時

 

狂言「狐塚」 野村万蔵

能「蝉丸」 宝生和英 梅若玄祥

 

公演詳細はこちら

 

チケット料金:S席 7,000円、A席 6,000円、B席 5,000円

チケット発売:7月12日(土)正午より(初日は電話・WEBのみ)

※電話予約開始日にチケットが売り切れた場合、窓口での販売はありません

 

お申込み・お問合せ:横浜能楽堂 045-263-3055

« 前のページ
トップにもどる
横浜能楽堂
住所:
〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
電話:
045-263-3055
休館日:
無休 (施設点検日と年末年始を除く)
開館時間:
午前9時~午後8時
横浜能楽堂は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。
©横浜能楽堂