スタッフブログ

2019年02月12日 (火) その他

工作&見学「能楽堂で光の不思議を体験しよう~!」を開催しました。

平成31112()に、近隣の神奈川県立青少年センター科学部から講師をお招きして、工作&見学「能楽堂で光の不思議を体験しよう~!」を開催しました。お子さまと保護者さまの参加が大半で、10:30の回28名、14:00の回43名、計81名の皆さまにお越しいただきました。本当にありがとうございました。当日の様子をご紹介します。

 

まず青少年センターの熊切先生からワークシートを使って、「光ってなんだろう?」「ミカンに光を当てたら何色に見えるかな?」「雨上がりの空に虹が見えるのはどうして?」など、光についてのお話をしていただきました。

 

 

そしていよいよ科学工作。まずはトイレットペーパーの芯と「グレーチングシート」という光を分解するプラスチック製の偏光板を使った「レインボースコープ」作りに挑戦。トイレットペーパーの芯は千代紙でくるみました。

 

できあがったレインボースコープで何が見えるか聞いたみたところ、

「星が見える!」「虹が見える!」

などうっとりした表情が印象的でした。

 

次にビー玉と「カッティングミラー」というプラスチックの鏡板を使った「ビー玉万華鏡」作りに挑戦。

ビー玉とカッティングミラーとをビニールテープで固定するところは、ビー玉がコロコロするので親子の協力作業でした。

 

できあがったビー玉万華鏡で何が見えるか聞いたみたところ、

「母さんが36万個!」

なんていうほほえましい答えが返ってきました。

 

科学工作を終えた後には、作品を持って本舞台へ移動。

ビー玉万華鏡で舞台の五色の揚幕を見たり、レインボースコープで鏡板・白洲・天井照明を見て、光による見え方の違いを体験しました。

 

 

終了後のアンケートには多くの皆さまにご協力いただきありがとうございました。

ここでこどもアンケートの感想を少しご紹介します。

 

・ぶたいにまつの木がかかれているいみがわかったことがうれしかった。よこはましのマークがのうがくどうに6かしょあることがふしぎだった。(1年生)

・はじめてのうがくどうのぶたいをみてすごいとおもいました。たのしかったです。ひかりってすごいですね。(1年生)

・ビーダマまんげきょうとレインボースコープはみるとぜんぜんちがうから、それがおもしろかった。(2年生)

・のうぶたいに入ったときにとてもひの木のかおりがしてとても気もちよかったです。(3年生)

・ビー玉まんげきょうのシールのはるところ、ミラーのシールのはがすところがむずかしかったです。みんなで工作ができてたのしかった。(3年生)

・今までに、知らなかった事とか知れてとても勉強になりました。学校で教えてくれないことをここで知れたし、万華鏡とレインボースコープを作れて、とても楽しかったです。(5年生)

 

青少年センター科学部の皆さまには準備から当日運営までご協力いただきありかがとうございました。

参加者の皆さまは光の不思議な体験をお楽しみいただけましたでしょうか?

多くのお子さま方と工作や見学を一緒にすることで、私自身も心があたたまるような幸せな時間を過ごすことができました!ありがとうございました。

皆さま、能楽堂にぜひまた来てくださいね。

 

はぜの木

 

 

 

 

 

2019年01月27日 (日) 能楽関連

「能楽師(シテ方)が案内する横浜能楽堂見学と能楽ワークショップ」を開催しました。

平成31年1月11日(金)に「能楽師(シテ方)が案内する横浜能楽堂見学と能楽ワークショップ」を開催しました。案内役は梅若紀彰師 (シテ方観世流)です。10:30の回26名、18:30の回30名、計56名の皆さまにご参加いただきました。本当にありがとうございました。当日の様子をご紹介します。

まずは第二舞台にて扇の持ち方の説明のあと、能の舞の型のお稽古からスタート。3グループに分かれて順番に能舞台に上がり、「構(カマ)エ」、「運(ハコ)ビ」、「サシ込(コ)ミ」、「ヒラキ」を体験してみました。いきなりお稽古が始まったのでびっくりされた方もいらっしゃると思います。皆さんとっても真剣でした。私も傍らで少し体験してみましたところ、自分の体に意識を集中するとともに、体のゆがみが正されて骨盤が矯正されるような、心身ともにすっきりするような感覚を覚えました。

そして本舞台の見所に移動して紀彰師の舞台説明。シテ方ならではの視点のお話が印象的でした。

さらにぜいたくなことに参加者のために舞を披露してくださいました。

その後は舞台裏の鏡の間にて面の説明。「小面」「般若」などの面を実際にかけて解説してくださいました。

そして、参加者の皆さまは五色の揚幕からゆっくりと橋がかりに出て、本舞台へ。紀彰師の「おま~く」の掛け声に併せて揚幕をあげる際は私も貴重な体験すぎて緊張してしまいました・・・。本舞台では第二舞台でお稽古した型を再び体験しました。

最後は、第二舞台に戻り質疑応答タイムへ。紀彰師が能楽師になった経緯のエピソードなども披露してくださいました。

終了後のアンケートには多くの皆さまにご協力いただきありがとうございました。 ここで自由意見を少しご紹介します。

・舞台、舞台裏など全て見せていただけてとても興味がわきました。最初に足の運びを教えていただいたので、先生の舞を見ていても今までとは違う視点で見る事ことができました。(50代女性)

・能は難しいから・・・という母と参加しました。間近で見る舞台は素晴らしかったです。いきなり練習がはじまりびっくりしましたが、とても楽しく、もっと踊ってみたいと思いました。(40代女性)

・今まで全く知らなかったこと、見たことがない場所にあがることができて、能楽師ならではの解説つきというぜいたくな時間に大満足です。(50代女性)

・まさか橋がかりを渡り本舞台まで上がれるとは思わず、嬉しかったです。(40代女性)

・少ない動きにもいろいろな意味があることがわかりました。現代の生活様式と対照させながらお話くださったので、一層興味深くうかがうことができました。(50代女性)

案内するシリーズ企画としまして、2月23日には山本則重(狂言方大蔵流)による「能楽師(狂言方)が案内する横浜能楽堂見学と能楽ワークショップ」を予定しております。シテ方とはまた異なる狂言方の視点からご案内をいたします。

能楽師が案内する横浜能楽堂見学と能楽ワークショップ

残席わずかですので、まだお申込みされていない方はぜひ!

はぜの木

2019年01月27日 (日) 未分類

旬を美味しく

ピン・ポン・・・ 宅急便です。 は~ぃ・・・ 蟹の解禁(11月/上旬)と共に待ちに待ったその日が来た! 小包の中には松葉ガニが。

松葉ガニは地域・漁港ごとにブランド名が異なるようで今年の頂き物は浜坂ガニだ! 漁港は兵庫(浜坂港)、タグの色は白。 この浜坂 兵庫県と鳥取県の県境近くにあり、知る人ぞ知るカニの産地。 平成19年(2007年)に日本で初となる「かにソムリエ」が誕生したきっかけとなった ところ。 かにソムリエとは、かにの目利きから調理法、歴史、文化、料理、接客など 多岐にわたるプロ。 うんちく?は、そのくらいにしていざ実食。 身が詰まっているにもかかわらずふっくらとしてジューシー尚且つ、旨味もある! 食べ始めたら止まらない。 今宵は美味しいお酒と共に。

ターニヤ

2018年12月16日 (日) 日々の出来事

室内装飾織物のお話

先日、京都迎賓館を参観してきました。少し前に赤坂迎賓館の和風別館を参観した際に、日本の伝統建築空間はやっぱりすごい!と感動したのですが、その比ではありません。建築も庭園も室内の工芸品も、まさに日本の伝統技術の粋を集めた、それはもう博物館や美術館のような美しさでした。それらが一体となり、日本が世界に誇ることのできる、超一流のおもてなし空間になっているんだなぁ~と思いました。

京都迎賓館のホームページには次のようにあります。

 

「日本の伝統技能の粋を集めた最高のおもてなしの場

京都迎賓館は日本の歴史、文化を象徴する都市・京都で、海外からの賓客を心をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めていただく施設として平成17年に建設されました。

歴史的景観や周辺の自然環境との調和を図るため、日本の伝統的な住居である入母屋(いりもや)屋根と数寄屋(すきや)造りの外観とし、品格のある和風の佇まいを創出しています。

建物や調度品には、数寄屋大工、左官、作庭、截金(きりかね)、西陣織や蒔絵(まきえ)、 漆など、数多くの京都を代表する伝統技能において匠の技を用いています。」

 

全てをご紹介したいところですが、ここではその中の一例の「夕映の間」の壁面の織物についてご紹介します。

「夕映の間」のお部屋の紹介として前述のホームページには次のようにあります。

 

「大臣会合などの会議や立礼式(りゅうれいしき)のお茶のおもてなし、晩餐会の待合として使用されています。 東西の壁面を装飾する「比叡月映(ひえいげつえい)」、「愛宕夕照(あたごゆうしょう)」という二つの織物作品の一文字ずつをとって、この部屋を「夕映の間」と呼んでいます。」

 

写真は「比叡月映」と「愛宕夕照」側の壁面写真です。

私がとても印象的だと思ったのは、東西の綴織はもちろん大変素晴らのですが、その作品まわりの幅木、柱、長押、回り縁で囲まれた壁面にも、2つの作品の山や空の色にぴったりな無地の織物が貼られているということです。とてもやさしい水色です。その壁は塗料や壁紙ではなく、綴織の作品にあわせた色の織物貼りでなくてはいけなかったんだろうなぁ~、と設計者の意図を想像しました。

 

日本の伝統技術の粋として、京都迎賓館「夕映の間」の壁面の織物をご紹介しましたが、横浜能楽堂にも、とても素敵な室内装飾織物があることをご存知でしょうか?

 

[玄関広間カウンター腰部&見所前室扉]

カウンター腰部と見所前室扉の織物がお揃いになっています。お気づきでしたでしょうか?また、見所前室扉の表側と裏側も同じです。表側は裏側より日射の影響を受けるため、少し色あせています。

拡大すると写真のようになっています。文様は疋田りんどう錦です。

 

[第二舞台前室飾り棚部]

写真は第二舞台前室飾り棚部です。第二舞台というのは、地下1階にある舞台で、伝統芸能に関するお稽古や小規模の発表会等のご利用のお客様にお貸出しています。第二舞台のドアを開けると渋い文様の織物が目に入ってきます。

拡大すると写真のようになっています。文様は小丸龍です。

 

[装束の間地袋 有栖川錦(馬手)]

写真は私が最も気に入っている装束の間の地袋です。装束の間とは、能の公演の際にシテ方が装束を着けるお部屋です。このお部屋の地袋を見てみると欅の天板の下に華麗な織物が貼られています。装束の間だからこの華やかな色柄が選ばれたのでしょうか・・・。

拡大すると写真のようになっています。文様は有栖川錦(馬手)です。

 

 

横浜能楽堂の室内装飾織物の一部、いかがでしたでしょうか?私は、京都迎賓館「夕映の間」同様、なぜこの壁に織物が貼られたのか?という設計者の意図を勝手に想像して楽しんでおります。次回お越しの際には、室内装飾織物にも目を留めていただけますと幸いです。

 

横浜能楽堂では、能や狂言の公演、ワークショップなどの催しはもちろん、施設見学会(無料)も開催しております。年明け最初の予定は1月10日(木)10:00~11:00です。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

はぜの木

2018年11月26日 (月) 日々の出来事

熱海の休日

さわやかな秋。熱海に行きました。

熱海のイメージといえば、温泉、海、昭和の雰囲気・・・

マンホールに温泉のマーク

 

昭和のイメージ?!

 

やっぱり、海!

 

駅ビルを出るとすぐにある平和通り商店街。ひもの屋さんにはおいしそうな海産物が並び、店頭で食べられるスペースがあります。お昼前でしたが、生シラス、生桜えび、豆イワシをいただきました。

 

散策しながら来宮神社へ。境内、本殿はもちろんのこと、喫茶スペース等もとても美しく整備されていて、たくさんの参拝者がいました。

 

来宮神社は来宮駅の近く。地図によると「健康パン」というパン屋さんがあるはずなので、探してみると、「健康パン」という名のお饅頭屋さんでした。

来宮神社の御祭神に麦こがし、橙、ところ、百合根をお供えしたところ大変喜ばれたという古記が伝わるそうで、神社の来福スウィーツにはそれにちなんだお菓子がいろいろあります。その一つが、この「健康パン」のこがし饅頭。麦こがしの香ばしい香りと、上品な甘さのこしあんがとてもおいしい逸品でした。

 

起雲閣を目指して歩き始めました。途中に湯前神社や温泉寺といった、温泉地ならではの寺社がや、熱海七湯の大湯間欠泉や風呂の湯・水の湯という源泉もありました。このうち、大湯間欠泉は世界三大間欠泉の一つに数えられていたそうです(他の2か所は、アメリカ・ワオミング州のイエローストーン公園内オールド・フェイスフル・ガイザー、アイスランドのグレートゲイシール)。

 

間欠泉の横には明治期の電話ボックスを復元したものがあり、「市外通話創始の地」の碑。国内で初めて市外通話のが始まったのが、明治22年(1889年)、熱海と東京結ぶ市外通話だったとのこと。

ちなみに、山手の元町公園にも明治期の電話ボックスがあります。こちらは電話創業(明治23年)100年を記念して平成2年に設置されたもので、日本で初めて(明治33年)京橋に建てられた電話ボックスを再現しています。

 

寄り道ばかりしていたので、起雲閣に着いたのは夕方近く。起雲閣は大正8年に別荘として建てられ、昭和22年に旅館として営業を開始し、太宰治や谷崎潤一郎、尾崎紅葉ら数多くの文豪にも愛された熱海を代表する宿の一つでした。

 

熱海といえば、「金色夜叉」。貫一・お宮。

 

東海道線で横浜から熱海行きに乗れば1時間10分くらいで、日帰りできる近さ。充実した休日を過ごせるすてきな街。またのんびり訪れたいです。

 

トラ子

トップにもどる