スタッフブログ

2017年08月15日 (火) 公演情報

「能舞台とコラボ」PartⅠ

残暑お見舞い申しあげます

みなさん、「AIR」をご存じでしょうか?
空気? ゲームソフト? 飛行機?
いいえ、ここでは....
アーティスト・イン・レジデンス(Artist in Residence)
アーティストが一定期間その場所に滞在して創作を行うことを言います。

横浜能楽堂ではあまりなじみのない言葉かもしれませんが、
現在、ニューヨークからルカ・ヴェジェッティさんをお招きして、
ジャパン・ソサエティーとの共同制作作品「SAYUSA-左右左(さゆうさ)―」
の創作が行われています。

 

 

横浜能楽堂の主催公演では初めてのコンテンポラリーダンス。
演出・振付のルカさんが、能舞台の特色を活かしながら、
日本を代表する3人のダンサーの表現力を最大限に引き出し、
そこに能の音楽と子方(能の子役)の言葉を織り込んで、
独特の空間が生み出されています。

 

ⓒTerry Lin

 

能舞台の上でダンサーが動くことで感じられる空間。
音の広がりが醸し出す独特の空間。
音と動き、それぞれの空間が融合して、
これまでにない世界が広がります。

 

♦公演情報♦
横浜能楽堂+ジャパン・ソサエティー共同制作作品
「SAYUSA-左右左(さゆうさ)-」

【日時】2017年9月2日(土)14:00開演(13:00開場)
【会場】横浜能楽堂 本舞台
【プログラム】
新作ダンス「SAYUSA-左右左(さゆうさ)-」
笠井叡、中村恩恵、鈴木ユキオ
長山凜三、藤田六郎兵衛(能管)、大倉源次郎(小鼓)
お楽しみに!

 

トラ子

2017年07月23日 (日) 日常

椅子にまつわるお話です。

横浜能楽堂の2階にレストランスペースがあります。以前はレストラン営業をしておりましたが、現在はお食事スペースとして運用しています。このスペースにて、約20年前の開館以来使われているとっても素敵な椅子があることをご存知ですか?
この椅子についてもっと知りたくなり、メーカーさんに問い合わせてみました。椅子にまつわるお話をご紹介します。

その椅子は、AIDEC(アイデック)社の「VIENNA(ヴェナ)」シリーズのもので、インハウスデザイナーによりデザインされた商品。現在も同シリーズは継続販売されています。渋谷区神宮前のショールームを訪れると、様々な「VIENNA」シリーズの椅子に出会えます。国内に自社工場を持ち、多様な張り地を選択できるところにとてもこだわりがあるようでした。

 

   「VIENNA」シリーズについて(メーカーホームページより)
「19世紀初頭、それまでの装飾過多から単純明快な様式としてドイツ、オーストリア で流行したビーダーマイヤー様式、そして19世紀末、ヨーロッパの中心として活気づくウィーン(VIENNA)に登場したユーゲントスティール。これら過渡期の様式が持つ圧倒的な魅力を現代の空間に向けてリ・デザインした、優美で洗練されたシリーズです。」

 

横浜能楽堂の椅子は、木の材質はブナ材、色はチェリーブラウンです。座面と背もたれの張り地はビロードで、なんともいえないニュアンスのある淡い淡いモスグリーン。窓から差し込む光や照明、見る角度により色が変化します。背もたれの楕円の張り地の周りを白と黒の2色のブレードが囲んでいます。このブレードの触感がとても心地よく、私は気に入っています。

AIDEC社様が約20年前当時の該当する型番のカタログ写真を送付してくださいました。横浜能楽堂のものとは色・柄が異なるため、おそらく木の色・張り地・ブレードまで細々とオーダーしたものと思われます。

 

19世紀ヨーロッパのビーダーマイヤー様式からユーゲントスティール様式の過渡期のデザイン様式をもとにリ・デザインされた椅子が、同じく19世紀(明治8年)に旧加賀藩主・前田斉泰の隠居所の一角に建てられた能舞台を移築・復元した横浜能楽堂のレストランにやってくる・・・ちょっと素敵なストーリーだと思いました。

 

レストランスペースは、公演のある日には、開場から開演までの1時間はお食事スペースとしてご利用いただけます。この椅子でお食事すると、いつもの味が少し特別な味になるかもしれません。レストラン営業は行っておりませんのでお弁当などをご持参くださいませ。お声かけいただければレストランスペースのご見学も可能です。ご利用・ご見学について詳しくはお問合せください。(横浜能楽堂 045-263-3055)

 

はぜの木

2017年07月18日 (火) 能楽関連

能作者といけばなのお話

梅雨の季節みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

時には鬱陶しい雨ですが、
雨に濡れる草木には、何とも言えない趣があります。
季節の移り変わりを感じ、自然のものをあるがままに愛で、受け入れる。
四季のある日本ならではの感情でしょうか。

 

能には草木の精霊が登場します。儚くも美しい存在の精霊たちは、
作者が自然の草木から「生命力」や「心」を感じたからこそ生まれたのではないでしょうか。
今回は、生け花への言及を通して、能作者の花へのある思いが読み取れるお話を紹介します。
世阿弥の娘婿である金春禅竹の孫、金春禅鳳の聞書『禅鳳雑談』に次のような一節があります。

 

・・池ノ坊の花の弟子、花のしほつけの事、細々物語り候。
・・是も、得して面白がらせ候はん事、さのみ面白からず候。
・・(日本思想大系23『古代中世芸術論』引用)

 

華道の池坊のお弟子さんが、花の風情や愛嬌について色々と語っていたとあり、
生け花も意図的に風情を出そうとあれこれ手を加えると、かえって趣がなくなってしまうものだと述べています。

また、次のような記述も…

 

・・花が能に近く候。花と毟り枯らし候はで、そのままに插すやうなるがよく候。
・・結い集めたる花をはらと解き候が、幕うち上候てより埒を破る心にて候。
・・花のしほひし、池の坊申され候。面白く候。

・・枯れ木に苔を続飯にて付けなどする事、嫌にて候。(引用同上)

 

やはり、花を生けるときには意図的に手を加えすぎることなく、自然のままに挿すのがよいとあります。
さらに、束ねていた花をはらりと解く様子は、幕が上がって舞台に上るときの気持ちと似ているとあり、

生け花と能とは表現方法は違えど、本質的な部分でどこか近いものを感じていたようです。

 

禅鳳の作風は、世阿弥や禅竹の「幽玄」に対して、ショー的な「風流能」が多いと言われていますが、
そのような禅鳳だからこそ、奇を衒いすぎることのないよう、その根底には自然のあるがままの美を大切にしていたのではないでしょうか。

 

さて、横浜能楽堂では『禅鳳雑談』から約500年の時を経て、「能」と華道家元池坊の「いけばな」による企画公演が開催されます。 「能」と「花」、それぞれの美しさの競演をぜひお楽しみください。

 

・・横浜能楽堂企画公演「能の花 能を彩る花」全5回 チケット発売中です!

 

こうめ

2017年06月20日 (火) 能楽関連

「焙じ室」をご存知ですか?

施設見学の際に見学者の方にご興味をもっていただける場所の一つに「焙じ室(ほうじしつ)」があります。おそらく、その名前と設えがミステリアスなのでは?と思います。演奏前に大鼓の革を焙じて乾燥させるためのお部屋で、能楽堂ならではの設備と言えます。

大鼓は、胴、革、調緒(しらべお)から構成されており、革の素材は馬で、焙じて乾燥させることでカーンという硬質の力強い音が出ます。ちなみにつくりや見た目が似ている小鼓は、同じく馬の革素材ですが、こちらは温度や湿度にとても敏感で、演奏する時には革を湿らせながら音を調節します。
写真の左から2番目が大鼓、3番目が小鼓です。

能の公演の始まるおよそ2時間前には、「焙じ室」にて、私たちスタッフが炭火をおこす準備に取り掛かります。この準備作業のことを「火おこし」といいます。手順としましては、まず火種となる炭を赤くなるまでバーナーで熱して、その後に火鉢に移します。この際に「夏下冬上(かかとうじょう)」にするとよいそうです。これは、炭火のおこし方のことで、夏は火種を炭の下に置いて、冬は火種を炭の上に置くと火付きがよいということです。あとはひたすらうちわであおぎます。換気をよくして行いますので、外気の温湿度に影響を受けやすく、湿度が高い日は火付きが悪い、温度が高い日は汗が止まらない、などの苦労もあります。炭が赤くなり安定したら、炭を形良く積み上げて「火おこし」完了です。炭は紀州の備長炭を使っています。
写真は大鼓の革を「焙じ台」に載せて焙じているところです。

毎月第二木曜日の施設見学日には、普段は見られない楽屋とともに「焙じ室」もご見学いただけます。次回は7月13日(木)10:00~11:00(無料・予約不要)です。お時間に受付ロビーにお集まりください。10名以上でご来館の場合は、あらかじめお電話にてご連絡くださいませ(横浜能楽堂045-263-3055)。皆さまのお越しをお待ちしております。

はぜの木

2017年05月17日 (水) 未分類

コケのお話

チャツボミゴケという不思議な名に好奇心をそそられ。
草津の「チャツボミゴケ公園」へ出向く。
「チャツボミゴケ公園」は、昔 鉄鉱石の鉱床があり露天堀りによる採鉱が行われていたところ。

チャツボミゴケは強酸性の水中で生育する不思議なコケ。
日本では草津、阿蘇山等限られた火山帯にだけにあるそうだ。
鉱泉の飛沫を浴びて育つ不思議なコケ。

一面エメラルドグリーンのコケが広がる神秘的な光景が目に入る。

今まで何回も草津に行ったが、草津から車で約20程度のところにあるとは知る由もなく。
興味のある方、足を運ぶ一見の価値あり。
ターニヤ

トップにもどる