2017年
6月17日(土)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~15:30

料金:S席4,000円/A席3,500円/B席:3,000円

(全席指定)

 

横浜能は昭和28年に第1回が開催されて以来、半世紀にわたり市内の能楽愛好者団体である横浜能楽連盟が中心になって開催してきた催しです。

今年は、不老不死の水といわれる養老の瀧の水を讃える世阿弥作の脇能「養老」を観世流の梅若紀彰のシテでお送りします。また「薬水」の小書(特殊演出)がつき、間狂言が「薬水」となります。替間「薬水」は珍しい演出で、十四世野村又三郎は初演となります。

 

 

能「養老 薬水」(観世流)

シテ(樵翁・山神):梅若 紀彰

前ツレ(樵夫) :鷹尾 章弘

後ツレ(楊柳観音菩薩):鷹尾 維教

ワキ(勅使):福王茂十郎

ワキツレ(従者):福王 知登

ワキツレ(従者):中村 宜成

アイ(祖父):野村又三郎

アイ(祖父):奥津健太郎

アイ(祖父):野口 隆行

  笛  :松田 弘之

小  鼓:吉阪 一郎

大  鼓:佃  良勝

太  鼓:梶谷 英樹

後  見:赤瀬 雅則  小田切康陽

地  謡:梅若 玄祥  松山 隆雄

     山崎 正道  井上 燎治

     伊藤 嘉章  永島  充

     土田 英貴  内藤 幸雄

狂言後見:藤波  徹  野村 信朗

 

 


<お問合せ・お申込み>
3月11日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

※ 旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。
絞り込み検索




横浜能楽堂
住所:
〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
電話:
045-263-3055
休館日:
無休 (施設点検日と年末年始を除く)
開館時間:
午前9時~午後8時
横浜能楽堂は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。