6

日付

名称

時間

入場料

お問合せ・お申込み等

2
(土)

今年66回目を迎える「横浜能」

第66回 横浜能

14:00~16:30

S席 4,000円
A席 3,500円
B席 3,000円
全席指定

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
3/10(土)正午から
初日は電話・webのみ

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

横浜能は昭和28年に第1回が開催されて以来、半世紀にわたり市内の能楽愛好者団体である横浜能楽連盟が中心になって開催してきた催しです。

今年は、佐渡と越後の百姓が、佐渡に狐がいるか否かをめぐって争うやり取りが面白い狂言「佐渡狐」を和泉流の野村万蔵でお送りします。能は、夫の帰りを待ち続ける妻の心象と、晩秋の寂しさとを巧みに重ね合わせて描き出した世阿弥作の名曲「砧」を金春流の櫻間金記が演じます。
狂言「佐渡狐」(和泉流)

シテ(佐渡の百姓)野村 万蔵
アド(越後の百姓)野村万之丞
小アド(奏者)能村 晶人
後見:河野 佑紀

能「砧」(金春流)

シテ(芦屋の某の妻・芦屋の妻の亡霊)櫻間 金記
ツレ(侍女夕霧)金春 康之
ワキ(芦屋の某)福王 和幸
ワキツレ(従者)矢野 昌平
アイ(従者)河野 佑紀
笛 :一噌 庸二
小鼓:曽和 正博
大鼓:國川 純
後見:横山 紳一  山中 一馬
地謡:本田 光洋  辻井 八郎
   山井 綱雄  井上 貴覚
   本田 芳樹  本田布由樹
   中村 昌弘  大塚龍一郎

9
(土)

横浜能楽堂特別企画公演

「花開く伝統―日台の名作と新作―」

14:00~16:00

S席 6,000円
A席 5,000円
B席 4,000円
全席指定

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
3/10(土)正午から
初日は電話・webのみ

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

横浜能楽堂と台湾の国光劇団が共同制作に挑んだ「繍襦夢」。各分野を代表する芸術家が、日本と台湾を行き来し、ぶつかり合いながらも相互理解を深め作り上げた作品が、遂に完成。崑劇の古典作品「繍襦記」を下地に、夢幻能の形式を取り入れ、日本の三味線音楽を融合させました。
国光劇団に所属しながら国際的に活躍する崑劇のトップスター・温宇航が主演。相手は、注目の若手スター・劉珈后。音楽は、常磐津の三味線奏者・常磐津文字兵衛が音楽監督・作曲・演奏を務めるのに加え、長唄の今藤美治郎・杵屋秀子・今藤政貴らが日本から参加。国光劇団の演奏家と共演します。演出は、台湾のコンテンポラリーシーンを牽引する王嘉明が務めます。
その他に公演では、崑劇の名曲「牡丹亭」(9日)「繍襦記」(17日)の一場面と併せ、日本舞踊の名曲「藤娘」(9日)「汐汲」(17日)を上演します。

*全二回公演/6月17日公演についてはこちら
崑劇「牡丹亭」より「驚夢」

出演:温宇航
   劉珈后
崑笛:林杰儒
司鼓:孫連翹
笙 :蕭名君
中胡(兼大鑼):許鈞炫
三弦(兼小鑼):陳珮茜
中阮:潘品渝

日本舞踊 長唄「藤娘」

立方 :水木 佑歌
唄  :今藤 政貴 杵屋 巳之助
三味線:今藤 美治郎 杵屋 勝十朗
囃子 :藤舎 呂英 藤舎 呂裕
    住田 福十郎 望月 左太晃郎
笛  :福原 百貴

日台共同制作作品「繍襦夢」(世界初演)

出 演 :温宇航 劉珈后
人形遣い:石佩玉 王詩淳
三味線:常磐津文字兵衛(中棹三味線)
    今藤美治郎(細棹三味線) 
唄  :杵屋 秀子 今藤 政貴
崑笛 :林杰儒
司鼓 :孫連翹
笙  :蕭名君
中胡(兼大鑼):許鈞炫
三弦(兼小鑼):陳珮茜
中阮 :潘品渝

10
(日)

勝手に決めました、毎月第2日曜日は狂言の日

普及公演「横浜狂言堂」

14:00~15:25

2,000円
全席指定

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
5/12(土)正午から
初日は電話・webのみ

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

伯父が庭に埋めたという嘘の種を甥が探そうとする「謀生種」と、ツケの溜まった酒屋からなんとか酒を得ようとする太郎冠者の奮闘ぶりが見どころの「千鳥」の2曲をお送りします。
お話:深田 博治

狂言「謀生種」(和泉流)
シテ(甥)中村 修一
アド(伯父)高野 和憲

狂言「千鳥」(和泉流)
シテ(太郎冠者)深田 博治
アド(主)月崎 晴夫
小アド(酒屋)内藤  連

17
(日)

横浜能楽堂特別企画公演

「花開く伝統―日台の名作と新作―」

16:00~18:00

S席 6,000円
A席 5,000円
B席 4,000円
全席指定

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
3/10(土)正午から
初日は電話・webのみ

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

横浜能楽堂と台湾の国光劇団が共同制作に挑んだ「繍襦夢」。各分野を代表する芸術家が、日本と台湾を行き来し、ぶつかり合いながらも相互理解を深め作り上げた作品が、遂に完成。崑劇の古典作品「繍襦記」を下地に、夢幻能の形式を取り入れ、日本の三味線音楽を融合させました。
国光劇団に所属しながら国際的に活躍する崑劇のトップスター・温宇航が主演。相手は、注目の若手スター・劉珈后。音楽は、常磐津の三味線奏者・常磐津文字兵衛が音楽監督・作曲・演奏を務めるのに加え、長唄の今藤美治郎・杵屋秀子・今藤政貴らが日本から参加。国光劇団の演奏家と共演します。演出は、台湾のコンテンポラリーシーンを牽引する王嘉明が務めます。
その他に公演では、崑劇の名曲「牡丹亭」(9日)「繍襦記」(17日)の一場面と併せ、日本舞踊の名曲「藤娘」(9日)「汐汲」(17日)を上演します。
崑劇「繍襦記」より「打子」

出演:唐文華
   温宇航
   華智暘
崑笛:林杰儒
司鼓:孫連翹
笙 :蕭名君
中胡(兼大鑼):許鈞炫
三弦(兼小鑼):陳珮茜
中阮:潘品渝

日本舞踊 長唄「汐汲」

立方 :藤間恵都子
唄  :今藤 政貴
    杵屋 正則
三味線:今藤美治郎
    杵屋勝十朗
囃子 :藤舎 呂英 
    藤舎 呂裕
    住田福十郎
    望月左太晃郎
笛  :福原 百貴

日台共同制作作品「繍襦夢」(世界初演)

出 演 :温宇航
     劉珈后
人形遣い:石佩玉
     王詩淳
三味線:常磐津文字兵衛(中棹三味線)
    今藤美治郎(細棹三味線) 
唄  :杵屋 秀子
    今藤 政貴
崑笛 :林杰儒
司鼓 :孫連翹
笙  :蕭名君
中胡(兼大鑼):許鈞炫
三弦(兼小鑼):陳珮茜
中阮 :潘品渝

7

日付

名称

時間

入場料

お問合せ・お申込み等

8
(日)

勝手に決めました、毎月第2日曜日は狂言の日

普及公演「横浜狂言堂」

14:00~15:55

2,000円
全席指定

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
6/9(土)正午から
初日は電話・webのみ

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

「腹を立てない」と言う出家を怒らせようと男たちがからかう様子が面白い「腹不立」と、連歌の魅力にとりつかれた人々を面白おかしく描いた「連歌盗人」の2曲を、毎回好評の山本東次郎のお話とともにお送りします。
お話:山本東次郎

狂言「腹不立」(大蔵流)
シテ(出家)山本凜太郎
アド(所の者・甲)山本泰太郎
アド(所の者・乙)山本 則孝

狂言「連歌盗人」(大蔵流)
シテ(盗人・甲)山本東次郎
アド(有徳人)山本泰太郎
アド(盗人・乙)山本 則孝

8

日付

名称

時間

入場料

お問合せ・お申込み等

11
(土・祝)

14:00~15:55

こども(18歳以下対象) 500円
おとな 2,000円
全席指定

横浜能楽堂:045-263-3055
【チケット発売】
5/12(土)正午から
初日は電話・webのみ

オンラインチケット購入

主催:横浜能楽堂主催

内容:公演・講座

日本の古典芸能「狂言」。狂言には、現代の人にも通じる人間の姿や生き方、心の在り方が描かれています。
しかし、世界遺産に登録されたり、国語の教科書にも掲載されたりして、「狂言ってなんだか難しそう…」と敷居が高く感じている人も多いはず。
この講座では、狂言を初めて観る子どもたちでも楽しめるように厳選した演目を二曲鑑賞した後、人間国宝・山本東次郎先生自ら子どもたちに向けて、「狂言の面白さ」を楽しく分かりやすく解説します。
演目は、謡と舞の軽快なリズムが面白い「呼声」と、大髭をめぐる夫と妻の攻防が見どころの「髭櫓」をお送りします。
狂言「呼声」(大蔵流)
シテ(太郎冠者)山本 則俊
アド(主)山本 則孝
アド(次郎冠者)山本 則秀



狂言「髭櫓」(大蔵流)
シテ(夫)山本東次郎
アド(妻)山本 則重
アド(告げ手)山本凜太郎
立衆(女)山本泰太郎
立衆(女)山本 則秀
立衆(女)山本修三郎
立衆(女)寺本 雅一
立衆(女)若松  隆

笛 :藤田 貴寛
小鼓:住駒 充彦
大鼓:大倉栄太郎
太鼓:大川 典良



解説:山本東次郎

トップにもどる