2017年
8月13日(日)

8月13日(日)午後2時開演「横浜狂言堂」をニコニコ動画のYAFチャンネルで実験生中継します。当日お越しいただけない方も、ニコ動会員(登録無料)になれば生中継でお楽しみ頂けます!!
さらにタイムシフト予約をすれば、配信後1週間は後から見られますので、当日いらっしゃる方もぜひご予約の上 ご覧くださいませ。

2017年
9月2日(土)

主催:横浜能楽堂
内容:公演
時間:14:00~15:00
料金:3,500円(全席指定)

 

能の伝統的手法を取り入れた、新たなコンテンポラリーダンス作品。
日本研究の第一人者ドナルド・キーンの原案指導のもと、NY在住のイタリア人演出家・振付家ルカ・ヴェジェッティが原案・演出・振付を行い、能楽大倉流小鼓方十六世宗家・大倉源次郎が音楽監督を務めます。
横浜での世界初演の後、ジャパン・ソサエティーにてNY公演を開催。
原案:ルカ・ヴェジェッティ
原案指導・協力:ドナルド・キーン
演出・振付:ルカ・ヴェジェッティ
音楽監督:大倉源次郎
照明デザイン:クリフトン・テイラー
衣装:矢内原充志
翻訳:ドナルド・キーン

 

出演:笠井  叡
   中村 恩恵
   鈴木ユキオ
   長山 凛三
   藤田六郎兵衛(能管)
   大倉源次郎(小鼓)


<お問合せ・お申込み>
6/10(土)正午から
(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
9月10日(日)

主催:横浜能楽堂
内容:公演
時間:14:00~15:35
料金:2,000円(全席指定)

 

詐欺師に穏便に帰ってもらおうと苦心する主人と太郎冠者の滑稽な振る舞いが見どころの「咲嘩」と、茶屋で出会った僧と山伏が犬を使って力比べをする様子が面白い「犬山伏」の2曲をお送りします。

 

お話:能村 晶人

 

狂言「咲嘩」(和泉流)
シテ(太郎冠者)小笠原 匡
アド(主)河野 佑紀
小アド(咲嘩)野村 万蔵

 

狂言「犬山伏」(和泉流)
シテ(山伏)能村 晶人
アド(出家)野村万之丞
小アド(茶屋)野村 万蔵
小アド(犬)上杉 啓太


<お問合せ・お申込み>
8/12(土)正午から
(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
9月14日(木)

主催: 横浜能楽堂

時間: 10:00~11:00

料金: 無料

毎月1回、能楽堂の施設見学会を行います。関東地方現存最古で140年近くの歴史がある本舞台と、普段はご覧いただけない舞台裏をスタッフがご案内します。事前予約は不要です。(10名以上でご来館の場合は、あらかじめお電話にてご連絡下さい。)

施設見学会


<お問合せ・お申込み>
横浜能楽堂
045-263-3055
2017年
9月18日(月・祝)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~17:00

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は筝曲の二大流派の一つ、山田流の祖・山田検校が没して200年の節目の年。江戸で一世を風靡する人気を博した山田検校は、尾張藩宝生流の能役者・三田了任の子と言われています。また、作曲した作品の多くが能の曲と関わりがあり、奥許の「四つ物」として重く扱われる「小督曲」「長恨歌曲」「葵の上」「熊野」は、題材を同じくする能の曲が存在します。
今回の公演では山田検校没後200年を記念し、「四つ物」から「長恨歌曲」を人間国宝の山勢松韻が演奏。モチーフを同じくする能「楊貴妃」を宝生流の武田孝史のシテで上演します。また萩岡松韻が新たに創作した箏曲で、宝生流宗家・宝生和英が舞います。山田検校の偉大な功績を偲び、山田流と宝生流の縁を振り返るとともに、新たな縁を紡ぎだす公演です。

 

〈新作〉
筝曲「小町」

箏 :萩岡 松韻
   鈴木 厚一
   田中奈央一
三絃:萩岡 未貴
尺八:青木 彰時
 
舞 :宝生 和英
地謡:朝倉 俊樹
   小倉伸二郎
   今井  基
   辰巳 和磨

 

筝曲「長恨歌曲」

箏 :山勢 松韻
   武田 祥勢
   奥山 益勢
三絃:山勢麻衣子
尺八:善養寺惠介

 

能「楊貴妃 玉簾」(宝生流)

シテ(楊貴妃)武田 孝史

ワキ(方士)工藤 和哉

アイ(常世の者)山本 則孝

笛 :栗林 祐輔

小鼓:観世新九郎

大鼓:柿原 崇志

後見:朝倉 俊樹   小倉伸二郎  辰巳 和磨

地謡:田崎 隆三   金井 雄資

   金森 秀祥   野月  聡

   水上  優   和久荘太郎

   藪  克徳   内藤 飛能

 


<お問合せ・お申込み>
6月10日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
10月8日(日)

主催:横浜能楽堂
内容:公演
時間:14:00~15:30
料金:2,000円(全席指定)

 

栗を焼く太郎冠者の写実的な演技に注目の「栗焼」と、秋の風情を描いた名曲「月見座頭」の2曲を京都より茂山千五郎家を迎えてお送りします。

 

お話:茂山千三郎

 

狂言「栗焼」(大蔵流)
シテ(太郎冠者)茂山あきら
アド(主人)茂山  茂

 

狂言「月見座頭」(大蔵流)
シテ(座頭)茂山千三郎
アド(男)丸石やすし


<お問合せ・お申込み>
9/9(土)正午から
(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
10月12日(木)

主催: 横浜能楽堂

時間: 10:00~11:00

料金: 無料

毎月1回、能楽堂の施設見学会を行います。関東地方現存最古で140年近くの歴史がある本舞台と、普段はご覧いただけない舞台裏をスタッフがご案内します。事前予約は不要です。(10名以上でご来館の場合は、あらかじめお電話にてご連絡下さい。)

施設見学会


<お問合せ・お申込み>
横浜能楽堂
045-263-3055
2017年
10月15日(日)

主催:ふるさと西区推進委員会 西区役所 横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~16:20

料金:S席4,000円 A席3,500円 B席:3,000円

(全席指定)

 

井伊直弼を偲んで毎年開催する「横浜かもんやま能」。第34回を迎える今年は、井伊家お抱えの狂言方だった茂山家の茂山千作が狂言「萩大名」を、能は観世銕之丞が、虚偽の告げ口により勘当されて盲目となった俊徳丸と父との再会を、難波の浦の心象風景とともに美しく描き出した名曲「弱法師」を小書(特殊演出)「盲目之舞」でお送りいたします。

 

狂言「萩大名」(大蔵流)

シテ(大名):茂山 千作

アド(太郎冠者):茂山  茂

アド(庭の亭主):松本  薫

後見:島田洋海

 

 

能「弱法師 盲目之舞」(観世流)

シテ(俊徳丸):観世銕之丞

ワキ(高安通俊):森  常好

アイ(通俊ノ下人):茂山  茂

笛 :一噌 隆之

小鼓:幸  正昭

大鼓:亀井  実

後見:清水 寛二  泉 雅一郎

地謡:西村 高夫  柴田  稔

   伊藤 嘉章  加藤 眞悟

   野村 昌司  梅若 久紀

   青木 健一  観世 淳夫

 


<お問合せ・お申込み>
8月19日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
10月28日(土)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~15:20

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は、華道・池坊の開祖と呼ばれる池坊専慶がいけばなの名手として文献に登場してから555年に当たります。これを記念し、花に関係する5つの能を上演し、次期家元の池坊専好が舞台を花で彩ります。「花」という共通のキーワードを持つ近しい存在でありながらその交流が限られてきた「能」と「いけばな」。両者が競演し、新たな「花」を創造します。

 

〈復曲〉能「菊慈童 酈縣山」(観世流)

シテ(慈童)梅若 玄祥

ワキ(魏の文帝の臣下)森  常好

ワキツレ(周の穆王の官人)森 常太郎

ワキツレ(輿舁)髙井 松男

ワキツレ(輿舁)梅村 昌功

ワキツレ(魏の文帝の臣下)則久 英志

アイ(菊花の精)石田 幸雄

笛 :一噌 隆之

小鼓:鵜澤洋太郎

大鼓:安福 光雄

太鼓:大川 典良

後見:梅若長左衛門  山崎 正道  小田切康陽

地謡:梅若 紀彰  松山 隆雄

   角当 直隆  松山 隆之

   川口 晃平  内藤 幸雄

   河本  望  梅若雄一郎


<お問合せ・お申込み>
7月15日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
11月23日(木・祝)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~15:35

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は、華道・池坊の開祖と呼ばれる池坊専慶がいけばなの名手として文献に登場してから555年に当たります。これを記念し、花に関係する5つの能を上演し、次期家元の池坊専好が舞台を花で彩ります。「花」という共通のキーワードを持つ近しい存在でありながらその交流が限られてきた「能」と「いけばな」。両者が競演し、新たな「花」を創造します。

 

能「紅葉狩 紅葉ノ舞 群鬼ノ伝」(金春流)

シテ(女・鬼女)金春 安明

ツレ(侍女)金春 憲和

ツレ(鬼女)井上 貴覚

ツレ(侍女・鬼女)辻井 八郎

ツレ(侍女・鬼女)本田 芳樹

ワキ(平維茂)髙井 松男

ワキツレ(従者)大日方 寛

ワキツレ(勢子)野口 琢弘

ワキツレ(勢子)吉田 祐一

アイ(女)茂山  茂

アイ(末社ノ神)茂山千五郎

笛 :一噌 幸弘

小鼓:古賀 裕己

大鼓:柿原 光博

太鼓:梶谷 英樹

後見:山中 一馬  政木 哲司

地謡:本田 光洋  高橋  忍

   山井 綱雄  本田布由樹

   中村 昌弘  渡辺 慎一

   後藤 和也  鎌田 氏勝

 


<お問合せ・お申込み>
7月15日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2018年
1月13日(土)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~15:15

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は、華道・池坊の開祖と呼ばれる池坊専慶がいけばなの名手として文献に登場してから555年に当たります。これを記念し、花に関係する5つの能を上演し、次期家元の池坊専好が舞台を花で彩ります。「花」という共通のキーワードを持つ近しい存在でありながらその交流が限られてきた「能」と「いけばな」。両者が競演し、新たな「花」を創造します。

 

能「石橋 大獅子」(観世流)

シテ(童子・白獅子)片山九郎右衛門

ツレ(赤獅子)片山 清愛

ワキ(寂昭法師)森  常好

アイ(仙人)深田 博治

笛 :杉 信太朗

小鼓:成田 達志

大鼓:亀井 広忠

太鼓:観世 元伯

後見:青木 道喜  分林 道治  梅田 嘉宏

地謡:山崎 正道  観世 喜正

   古橋 正邦  味方  玄

   角当 直隆  坂 真太郎

   川口 晃平  内藤 幸雄

 


<お問合せ・お申込み>
7月15日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2018年
2月10日(土)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~15:40

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は、華道・池坊の開祖と呼ばれる池坊専慶がいけばなの名手として文献に登場してから555年に当たります。これを記念し、花に関係する5つの能を上演し、次期家元の池坊専好が舞台を花で彩ります。「花」という共通のキーワードを持つ近しい存在でありながらその交流が限られてきた「能」と「いけばな」。両者が競演し、新たな「花」を創造します。

 

シテ(女・和泉式部)大槻 文藏

ワキ(旅僧)福王 和幸

ワキツレ(従僧)村瀬  提

ワキツレ(従僧)村瀬  慧

アイ(門前の者)山本泰太郎

笛 :松田 弘之

小鼓:横山 晴明

大鼓:柿原 崇志

後見:武富 康之  大槻 裕一

地謡:阿部 信之  浅見 重好

   下平 克宏  泉 雅一郎

   北浪 貴裕  小檜山浩二

   新江 和人  金子 聡哉

   


<お問合せ・お申込み>
7月15日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2018年
3月10日(土)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~15:10

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は、華道・池坊の開祖と呼ばれる池坊専慶がいけばなの名手として文献に登場してから555年に当たります。これを記念し、花に関係する5つの能を上演し、次期家元の池坊専好が舞台を花で彩ります。「花」という共通のキーワードを持つ近しい存在でありながらその交流が限られてきた「能」と「いけばな」。両者が競演し、新たな「花」を創造します。

 

能「泰山府君」(金剛流)

シテ(天女・泰山府君)金剛 永謹

ツレ(天女)金剛 龍謹

ワキ(桜町中納言)森  常好

アイ(花守)高野 和憲

笛 :竹市  学

小鼓:曽和 正博

大鼓:國川  純

太鼓:林 雄一郎

後見:廣田 幸稔  豊嶋 幸洋  熊谷 伸一

地謡:松野 恭憲  宇髙 通成

   豊嶋 晃嗣  山田 純夫

   宇髙 竜成  坂本立津朗

   元吉 正巳  工藤  寛

 


<お問合せ・お申込み>
7月15日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

※ 旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。
絞り込み検索




横浜能楽堂
住所:
〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
電話:
045-263-3055
休館日:
無休 (施設点検日と年末年始を除く)
開館時間:
午前9時~午後8時
横浜能楽堂は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。