2017年
11月23日(木・祝)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~15:35

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は、華道・池坊の開祖と呼ばれる池坊専慶がいけばなの名手として文献に登場してから555年に当たります。これを記念し、花に関係する5つの能を上演し、次期家元の池坊専好が舞台を花で彩ります。「花」という共通のキーワードを持つ近しい存在でありながらその交流が限られてきた「能」と「いけばな」。両者が競演し、新たな「花」を創造します。

 

能「紅葉狩 紅葉ノ舞 群鬼ノ伝」(金春流)

シテ(女・鬼女)金春 安明

ツレ(侍女)金春 憲和

ツレ(鬼女)井上 貴覚

ツレ(侍女・鬼女)辻井 八郎

ツレ(侍女・鬼女)本田 芳樹

ワキ(平維茂)髙井 松男

ワキツレ(従者)大日方 寛

ワキツレ(勢子)野口 琢弘

ワキツレ(勢子)吉田 祐一

アイ(女)茂山  茂

アイ(末社ノ神)茂山千五郎

笛 :一噌 幸弘

小鼓:古賀 裕己

大鼓:柿原 光博

太鼓:梶谷 英樹

後見:山中 一馬  政木 哲司

地謡:本田 光洋  高橋  忍

   山井 綱雄  本田布由樹

   中村 昌弘  渡辺 慎一

   後藤 和也  鎌田 氏勝

 


<お問合せ・お申込み>
7月15日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
12月10日(日)

主催:横浜能楽堂
内容:公演
時間:14:00~15:30
料金:2,000円(全席指定)

 

旅の道づれになった佐渡と越後の百姓が、佐渡に狐がいるか否かをめぐって争うやり取りが面白い「佐渡狐」と、田舎者の太刀をだまし取ろうとする都の盗人ととられまいとする田舎者の攻防が見どころの「長光」の2曲を、京都より茂山千五郎家を迎えてお送りします。

 

お話:茂山 童司

 

狂言「佐渡狐」(大蔵流)
シテ(佐渡国のお百姓)茂山七五三
アド(越後国のお百姓)茂山千三郎
アド(都のお奏者)網谷 正美

 

狂言「長光」(大蔵流)
シテ(すっぱ)茂山 童司
アド(田舎者)鈴木  実
アド(目代)網谷 正美


<お問合せ・お申込み>
11/11(土)正午から
(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
12月14日(木)

主催: 横浜能楽堂

時間: 10:00~11:00

料金: 無料

毎月1回、能楽堂の施設見学会を行います。関東地方現存最古で140年近くの歴史がある本舞台と、普段はご覧いただけない舞台裏をスタッフがご案内します。事前予約は不要です。(10名以上でご来館の場合は、あらかじめお電話にてご連絡下さい。)

施設見学会


<お問合せ・お申込み>
横浜能楽堂
045-263-3055
2017年
12月16日(土)

主催:横浜能楽堂
内容:公演
時間:14:00~17:05
料金:S席7,000円/A席6,000円/B席:5,000円

 

チェコで、巨匠イジー・トルンカに学び、その後、人形アニメーション作家として高い評価を得た川本喜八郎(1925-2010)の芸術的な到達点とされるのが「火宅」(1979)。日本におけるチェコ文化年2017関連事業として、人形アニメーション「火宅」を上映すると共に、その題材となった能「求塚」を名手・浅見真州の出演で上演します。またチェコを代表するアルファ劇団が来日。トルンカが製作した人形を遣い、彼のアニメーションの一部を交えた新作「トルンカのサーカス」を初演します。トルンカの人形は、文化財的な価値が高く、今ではチェコ国内でも遣われることは無く、貴重な機会となります。日本とチェコの伝統文化である能と人形劇を通じ、川本の世界の軌跡を辿ります。

 

<第一部 トルンカへのオマージュ>

人形劇「トルンカのサーカス」【新作】
 出演:アルファ劇団(チェコ)

 

<第二部 「求塚」と「火宅」>

能「求塚」(観世流)

 シテ(里の女・菟名日処女の霊)浅見 真州

 ツレ(里の女)坂井 音隆

 ツレ(里の女)坂井 音晴

 ワキ(旅僧)村瀨  提

 ワキツレ(従僧)村瀨  慧

 ワキツレ(従僧)矢野 昌平

 アイ(所の者)山本 則孝

 笛 :一噌 庸二

 小鼓:飯田 清一

 大鼓:佃  良勝

 太鼓:小寺 佐七

 後見:武田 志房  武田 尚浩  
    下平 克宏

 地謡:浅井 文義  武田 友志

    武田 文志  清水 義也

    武田 宗典  佐川 勝貴

    田口 亮二  武田 崇史

 

人形アニメーション「火宅」
  脚本・演出・人形・アニメーション:川本喜八郎

 

[協力] チェコセンター東京
    有限会社川本プロダクション
[後援] チェコ共和国大使館


<お問合せ・お申込み>
10/7(土)正午から
(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2018年
1月10日(水)

時間:17:00~20:00

*関係者のみ

2018年
1月11日(木)

主催: 横浜能楽堂

時間: 10:00~11:00

料金: 無料

毎月1回、能楽堂の施設見学会を行います。関東地方現存最古で140年近くの歴史がある本舞台と、普段はご覧いただけない舞台裏をスタッフがご案内します。事前予約は不要です。(10名以上でご来館の場合は、あらかじめお電話にてご連絡下さい。)

施設見学会


<お問合せ・お申込み>
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2018年
1月13日(土)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~15:15

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は、華道・池坊の開祖と呼ばれる池坊専慶がいけばなの名手として文献に登場してから555年に当たります。これを記念し、花に関係する5つの能を上演し、次期家元の池坊専好が舞台を花で彩ります。「花」という共通のキーワードを持つ近しい存在でありながらその交流が限られてきた「能」と「いけばな」。両者が競演し、新たな「花」を創造します。

 

能「石橋 大獅子」(観世流)

シテ(童子・白獅子)片山九郎右衛門

ツレ(赤獅子)片山 清愛

ワキ(寂昭法師)森  常好

アイ(仙人)深田 博治

笛 :杉 信太朗

小鼓:成田 達志

大鼓:亀井 広忠

太鼓:観世 元伯

後見:青木 道喜  分林 道治  梅田 嘉宏

地謡:山崎 正道  観世 喜正

   古橋 正邦  味方  玄

   角当 直隆  坂 真太郎

   川口 晃平  内藤 幸雄

 


<お問合せ・お申込み>
7月15日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2018年
1月14日(日)

主催:横浜能楽堂
内容:公演
時間:14:00~16:00
料金:2,000円(全席指定)

 

「末広」が何かを知らない太郎冠者がとった行動に注目の「末広」と、お伊勢参りの門出に酒を振る舞われた太郎冠者の酔いっぷりが魅力的な「素袍落」。正月にふさわしいめでたさを基調とする2曲を、毎回好評の山本東次郎のお話とともにお送りします。

 

お話:山本東次郎

 

狂言「末広」(大蔵流)
シテ(果報者)山本 則秀
アド(太郎冠者)山本泰太郎
アド(売り手)山本 則俊

 

狂言「素袍落」(大蔵流)
シテ(太郎冠者)山本東次郎
アド(主)山本凜太郎
アド(伯父)山本 則孝


<お問合せ・お申込み>
12/9(土)正午から
(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2018年
1月16日(火)

時間:17:00~20:00

*関係者のみ

2018年
1月25日(木)

時間:17:00~20:00

*関係者のみ

2018年
2月4日(日)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~16:05
料金:S席7.000円 A席6.000円 B席5.000円
(全席指定)

 

共にユネスコの「世界無形遺産」に指定されている能と組踊。5年間にわたり能と関係性のある組踊を併せて上演します。第4回はこれからの能・組踊の世界を担っていくと期待される観世流の味方玄・味方團兄弟、東江裕吉、新垣悟が競演。さらに、観世銕之丞家当主観世銕之丞、組踊立方で唯一の「人間国宝」である宮城能鳳らも出演し、能の「放下僧」とそれに関わりのある組踊「二童敵討」を上演します。

 

能「放下僧」(観世流)

シテ(小次郎の兄)味方  玄

ツレ(牧野小次郎)味方  團

ワキ(利根信俊)福王茂十郎

アイ(信俊の従者)山本 則秀

笛 :藤田六郎兵衛

小鼓:成田 達志

大鼓:亀井 忠雄

後見:片山九郎右衛門

   梅田 嘉宏

地謡:観世銕之丞   観世 喜正

   清水 寛二   西村 高夫

   谷本 健吾   安藤 貴康

   観世 淳夫   小早川泰輝

 

 

組踊「二童敵討」

鶴松 :東江 裕吉

亀千代:新垣  悟

母  :宮城 能鳳

あまおへ:眞境名正憲

供(一):宇座 仁一

供(二):石川 直也

供(三):嘉手苅林一

きゃうちゃこ持:田口 博章

 

 

歌三線:西江 喜春

    仲嶺 伸吾

    玉城 和樹

箏  :名嘉ヨシ子

笛  :宮城 英夫

胡弓 :川平 賀道

太鼓 :比嘉  聰

 


<お問合せ・お申込み>
11月11日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2018年
2月10日(土)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~15:40

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は、華道・池坊の開祖と呼ばれる池坊専慶がいけばなの名手として文献に登場してから555年に当たります。これを記念し、花に関係する5つの能を上演し、次期家元の池坊専好が舞台を花で彩ります。「花」という共通のキーワードを持つ近しい存在でありながらその交流が限られてきた「能」と「いけばな」。両者が競演し、新たな「花」を創造します。

 

能「東北」(観世流)

シテ(女・和泉式部)大槻 文藏

ワキ(旅僧)福王 和幸

ワキツレ(従僧)村瀬  提

ワキツレ(従僧)村瀬  慧

アイ(門前の者)山本泰太郎

笛 :松田 弘之

小鼓:横山 晴明

大鼓:柿原 崇志

後見:武富 康之  大槻 裕一

地謡:阿部 信之  浅見 重好

   下平 克宏  泉 雅一郎

   北浪 貴裕  小檜山浩二

   新江 和人  金子 聡哉


<お問合せ・お申込み>
7月15日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2018年
3月10日(土)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~15:10

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は、華道・池坊の開祖と呼ばれる池坊専慶がいけばなの名手として文献に登場してから555年に当たります。これを記念し、花に関係する5つの能を上演し、次期家元の池坊専好が舞台を花で彩ります。「花」という共通のキーワードを持つ近しい存在でありながらその交流が限られてきた「能」と「いけばな」。両者が競演し、新たな「花」を創造します。

 

能「泰山府君」(金剛流)

シテ(天女・泰山府君)金剛 永謹

ツレ(天女)金剛 龍謹

ワキ(桜町中納言)森  常好

アイ(花守)高野 和憲

笛 :竹市  学

小鼓:曽和 正博

大鼓:國川  純

太鼓:林 雄一郎

後見:廣田 幸稔  豊嶋 幸洋  熊谷 伸一

地謡:松野 恭憲  宇髙 通成

   豊嶋 晃嗣  山田 純夫

   宇髙 竜成  坂本立津朗

   元吉 正巳  工藤  寛

 


<お問合せ・お申込み>
7月15日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

※ 旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。
絞り込み検索




横浜能楽堂
住所:
〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
電話:
045-263-3055
休館日:
無休 (施設点検日と年末年始を除く)
開館時間:
午前9時~午後8時
横浜能楽堂は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。