2017年
7月2日(日)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~16:10

料金:S席4,000円/A席3,500円/B席:3,000円

(全席指定)

 

初心者でも楽しめる能の名曲を人間国宝が御案内します。シテに人間国宝・梅若玄祥、野村万作を迎え、舞台をより楽しむポイントを梅若玄祥自ら解説します。狂言は、謡を所望する主人と渋る太郎冠者とのやりとりが面白い「寝音曲」。能は、病床に臥せる源頼光、怪物退治に向かった独武者と、巣糸を投げて襲いかかる土蜘蛛の精との戦いが見所の人気曲「土蜘蛛」を「勤入」、「さゝ蟹」の小書(特殊演出)つきでお送りします。

 

お話 梅若 玄祥
狂言「寝音曲」(和泉流)

シテ(太郎冠者):野村 万作

アド(主):石田 幸雄

後見:岡  聡史

 

 

能「土蜘蛛 勤入 さゝ蟹」(観世流)

シテ(僧・土蜘蛛の精):梅若 玄祥

ツレ(頼光):観世 喜正

ツレ(胡蝶):観世 淳夫

トモ(太刀持):松山 隆之

ワキ(独武者):森  常好

ワキツレ(従者):森 常太郎

ワキツレ(従者):梅村 昌功

アイ(蟹の精):深田 博治

アイ(蟹の精):高野 和憲

笛 :杉 信太朗

小鼓:鵜澤洋太郎

大鼓:國川  純

太鼓:三島元太郎

後見:小田切康陽  川口 晃平

地謡:山崎 正道  馬野 正基

   角当 直隆  内藤 幸雄

   山中 迓晶  坂 真太郎

   谷本 健吾  鷹尾 雄紀

 

 

能楽鑑賞多言語字幕システム「NOH-Tab」無料貸出いたします。

舞台進行に合わせて解説が分かりやすく表示されます。
※対応言語:日本語・英語
※各席種後方の座席限定となります。

※ご希望の方はチケットお申し込みの際にお知らせください。

(電話受付のみ。詳細については横浜能楽堂までお問い合わせください)

 


<お問合せ・お申込み>
4月22日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
7月3日(月)
2017年
7月9日(日)

主催:横浜能楽堂
内容:公演
時間:14:00~15:35
料金:2,000円(全席指定)

 

鶏の真似をするのが聟入りの作法であると嘘を教えられた聟と舅とのやりとりが面白い「鶏聟」と、乱暴者の悪坊の寝入ったすきをうかがって出家がこらしめようとする「悪坊」。毎回好評の山本東次郎のお話とともにお楽しみください。

 

お話:山本東次郎

 

狂言「鶏聟」(大蔵流)
シテ(聟)山本泰太郎
アド(舅)山本東次郎
アド(太郎冠者)山本 則孝
アド(教え手)山本 則重

 

狂言「悪坊」(大蔵流)
シテ(悪坊)山本 則俊
アド(出家)山本 則秀
アド(亭主)若松  隆o


<お問合せ・お申込み>
6/10(土)正午から
(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
7月9日(日)

7月9日(日)午後2時開演「横浜狂言堂」をニコニコ動画のYAFチャンネルで実験生中継します。当日お越しいただけない方も、ニコ動会員(登録無料)になれば生中継でお楽しみ頂けます!!
さらにタイムシフト予約をすれば、配信後1週間は後から見られますので、当日いらっしゃる方もぜひご予約の上 ご覧くださいませ。

2017年
7月10日(月)
2017年
7月13日(木)

主催: 横浜能楽堂

時間: 10:00~11:00

料金: 無料

毎月1回、能楽堂の施設見学会を行います。関東地方現存最古で140年近くの歴史がある本舞台と、普段はご覧いただけない舞台裏をスタッフがご案内します。事前予約は不要です。(10名以上でご来館の場合は、あらかじめお電話にてご連絡下さい。)

施設見学会


<お問合せ・お申込み>
横浜能楽堂
045-263-3055
2017年
7月17日(月・祝)

主催:梅若研能会

内容:公演

時間:13:00~16:30

料金:S席7,000円/A席5,500円/B席4,000円

 

解説:三宅 晶子
能「二人静 立出之一声」梅若 泰志、加藤 眞悟
仕舞「笠之段」梅若万三郎
狂言「清水」山本 則重
能「鵜飼 真如之月」伊藤 嘉章

 


<お問合せ・お申込み>
梅若研能会
03-3466-3041
http://www.umewakakennohkai.com/
2017年
8月5日(土)

主催:横浜能楽堂
内容:公演
時間:14:00~15:55
料金:こども(18歳以下対象)/ 500円、
おとな / 2,000円

 

日本の古典芸能「狂言」。狂言には、現代の人にも通じる人間の姿や生き方、心の在り方が描かれています。
しかし、世界遺産に登録されたり、国語の教科書にも掲載されたりして、「狂言ってなんだか難しそう…」と敷居が高く感じている人も多いはず。
この講座では、狂言を初めて観る子どもたちでも楽しめるように厳選した演目を二曲鑑賞した後、山本東次郎先生自ら子どもたちに向けて、「狂言の面白さ」を楽しく分かりやすく解説します。
伝統を真摯に守り、狂言を通して人間の本質を見つめ続ける東次郎先生だからこそ語ることができる、昔の人々の生き方、精神性、文化的な背景等の解説を聞いて、まさに現代における「狂言の時間」をお楽しみください。

 

狂言「附子」(大蔵流)
シテ(太郎冠者)山本 則俊
アド(主)山本泰太郎
アド(次郎冠者)山本 則秀
後見:山本修三郎

 

狂言「首引」(大蔵流)
シテ(親鬼)山本東次郎
アド(鎮西ゆかりの者)山本 則孝
アド(姫鬼)山本凜太郎
立衆(鬼の眷属)山本 則重
立衆(鬼の眷属)山本泰太郎
立衆(鬼の眷属)水木 武郎
立衆(鬼の眷属)寺本 雅一
立衆(鬼の眷属)山本修三郎
後見:山本 則秀

 

お話:山本東次郎

 

◎チケット(こども)をご希望の方は、電話か窓口をご利用ください。


<お問合せ・お申込み>
5/13(土)正午から
(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
8月6日(日)

主催:万作の会

内容:公演

時間:14:00~16:05

料金:S席6,000円/A席5,000円/B席4,000円
  /学生3,000円

 

狂言「岡大夫」(和泉流)野村 萬斎
狂言「鐘の音」(和泉流)野村 万作
狂言芸話(十八)野村万作
狂言「蝉」野村 萬斎

  


<お問合せ・お申込み>
万作の会
03-5981-9778
2017年
8月11日(金・祝)

主催: 横浜能楽堂

時間: 10:00~11:00、19:00~20:00

料金: 無料

毎月1回、能楽堂の施設見学会を行います。関東地方現存最古で140年近くの歴史がある本舞台と、普段はご覧いただけない舞台裏をスタッフがご案内します。事前予約は不要です。(10名以上でご来館の場合は、あらかじめお電話にてご連絡下さい。)

施設見学会


<お問合せ・お申込み>
横浜能楽堂
045-263-3055
2017年
8月13日(日)

主催:横浜能楽堂
内容:公演
時間:14:00~15:35
料金:2,000円(全席指定)

 

「二千石」の謡の由来を語る主人の語りが見どころの「二千石」と、渡し舟に乗りたい無一文の修行僧と船頭との駆け引きに注目の「薩摩守」の2曲を、京都より茂山千五郎家を迎えてお送りします。

 

お話:茂山 宗彦

 

狂言「二千石」(大蔵流)
シテ(主人)茂山千五郎
アド(太郎冠者)島田 洋海

 

狂言「薩摩守」(大蔵流)
シテ(出家)茂山 逸平
アド(茶屋)島田 洋海
アド(船頭)茂山 宗彦


<お問合せ・お申込み>
7/8(土)正午から
(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
8月14日(月)
2017年
8月21日(月)
2017年
8月26日(土)

内容:発表

時間:9:20~17:50

料金:無料


<お問合せ・お申込み>
北見
045-826-1138
2017年
8月27日(日)

内容:発表

時間:10:00~17:00

料金:無料


<お問合せ・お申込み>
大嶋
045-584-6318
2017年
8月28日(月)

時間:9:00~22:00
 

*関係者のみ

2017年
8月29日(火)

時間:9:00~22:00
 

*関係者のみ

2017年
8月30日(水)

時間:9:00~22:00
 

*関係者のみ

2017年
8月31日(木)

時間:9:00~22:00
 

*関係者のみ

2017年
9月2日(土)

主催:横浜能楽堂
内容:公演
時間:14:00~15:35
料金:3,500円(全席指定)

 

能の伝統的手法を取り入れた、新たなコンテンポラリーダンス作品。
日本研究の第一人者ドナルド・キーンの原案指導のもと、NY在住のイタリア人演出家・振付家ルカ・ヴェジェッティが原案・演出・振付を行い、能楽大倉流小鼓方十六世宗家・大倉源次郎が音楽監督を務めます。
横浜での世界初演の後、ジャパン・ソサエティーにてNY公演を開催。

 
原案:ルカ・ヴェジェッティ
原案指導・協力:ドナルド・キーン
演出・振付:ルカ・ヴェジェッティ
音楽監督:大倉源次郎
照明デザイン:クリフトン・テイラー
衣装:矢内原充志  
翻訳:ドナルド・キーン

 

出演:笠井  叡
   中村 恩恵
   鈴木ユキオ
   長山 凛三
   藤田六郎兵衛(能管)
   大倉源次郎(小鼓)


<お問合せ・お申込み>
6/10(土)正午から
(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂
045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

2017年
9月18日(月・祝)

主催:横浜能楽堂

内容:公演

時間:14:00~17:00

料金:S席 7,000円 A席 6,000円 B席5,000円

(全席指定)

 

2017年は筝曲の二大流派の一つ、山田流の祖・山田検校が没して200年の節目の年。江戸で一世を風靡する人気を博した山田検校は、尾張藩宝生流の能役者・三田了任の子と言われています。また、作曲した作品の多くが能の曲と関わりがあり、奥許の「四つ物」として重く扱われる「小督曲」「長恨歌曲」「葵の上」「熊野」は、題材を同じくする能の曲が存在します。
今回の公演では山田検校没後200年を記念し、「四つ物」から「長恨歌曲」を人間国宝の山勢松韻が演奏。モチーフを同じくする能「楊貴妃」を宝生流の武田孝史のシテで上演します。また萩岡松韻が新たに創作した箏曲で、宝生流宗家・宝生和英が舞います。山田検校の偉大な功績を偲び、山田流と宝生流の縁を振り返るとともに、新たな縁を紡ぎだす公演です。

 

〈新作〉
筝曲「小町」

箏 :萩岡 松韻
   鈴木 厚一
   田中奈央一
三絃:萩岡 未貴
尺八:青木 彰時
 
舞 :宝生 和英
地謡:朝倉 俊樹
   小倉伸二郎
   今井  基
   辰巳 和磨

 

筝曲「長恨歌曲」

箏 :山勢 松韻
   武田 祥勢
   奥山 益勢
三絃:山勢麻衣子
尺八:善養寺惠介

 

能「楊貴妃 玉簾」(宝生流)

シテ(楊貴妃)武田 孝史

ワキ(方士)工藤 和哉

アイ(常世の者)山本 則孝

笛 :栗林 祐輔

小鼓:観世新九郎

大鼓:柿原 崇志

後見:朝倉 俊樹   小倉伸二郎  辰巳 和磨

地謡:田崎 隆三   金井 雄資

   金森 秀祥   野月  聡

   水上  優   和久荘太郎

   藪  克徳   内藤 飛能

 


<お問合せ・お申込み>
6月10日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
横浜能楽堂045-263-3055

→チケット購入方法のご案内

※ 旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。
絞り込み検索




横浜能楽堂
住所:
〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
電話:
045-263-3055
休館日:
無休 (施設点検日と年末年始を除く)
開館時間:
午前9時~午後8時
横浜能楽堂は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。