お知らせ

2018年10月28日 (日) 募集案内

着付ワークショップ&狂言鑑賞会

「着物で伝統芸能を鑑賞したいけれど一人で着付るには不安がある」、「手持ちの着物で出かける機会を探している」、「着物で日本の伝統文化を体験してみたい」・・・そんな方におすすめです。全3回の着付を体験して、着物で記念撮影後、狂言鑑賞をしてみませんか。

 

[着付体験]

1回目:平成31年2月1日(金)

2回目:平成31年2月7日(木)

3回目:平成31年2月10日(日)

各回ともに10:00~12:00(受付9:30)

 

[狂言鑑賞会]

平成31年2月10日(日)14:00~15:25

お話 高野和憲

狂言「孫聟」(和泉流)石田幸雄

狂言「文荷」(和泉流)高野和憲

「文荷」(和泉流) 撮影:政川慎治

 

【講師】ハクビ㈱着付師(参加者3名に1名程度)

【会場】横浜能楽堂

【参加費】7,000円(税込)(全3回の着付体験・狂言鑑賞チケット・お土産付き)

レンタル着物(着物一式・草履)あり、ご希望の方は別途追加料金2,000円(税込)

※狂言鑑賞会は同伴者もご鑑賞可能です(追加チケット代1名につき2,000円)。

【定員】12名(先着順)

【持ち物】手持ちの着物でご参加の方は着物一式

きもの・帯・長襦袢・帯締め・帯揚げ・足袋・下着(裾除け・肌襦袢)・

タオル2~3枚・腰紐5~6本・伊達締め2本・帯板(前板)・帯枕・ガーゼ・草履

をご準備ください。

※小物等不明点についてはご相談ください。

※着物のまま帰られる場合と2月10日の狂言鑑賞時には草履が必要です。

【申込方法】電話または来館で、

平成30年11月15日(木)正午より、 先着順に受付(初日は電話のみ)

【申込先・問合せ先】横浜能楽堂 〒220-0044 横浜市西区紅葉ケ丘27‐2

TEL:045-263-3055

 

「着付ワークショップと狂言鑑賞会」チラシ_20181115

 

トップにもどる