お知らせ
2016年03月03日 (木) 公演・催事

第1回
平成28年6月11日(土)午後2時開演(午後1時開場)
「翁」(観世流)梅若玄祥、山本東次郎
【新作】「横浜風流」(大蔵流)山本則重
※「翁」上演中は、入場を制限させていただく場合がございます。何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

第2回
平成28年7月17日(日)午後2時開演(午後1時開場)
【複曲】狂言「浦島」(和泉流)野村又三郎
能「杜若」(金剛流)金剛龍謹
第3回
平成28年8月21日(日)午後2時開演(午後1時開場)
狂言「蝉」(和泉流)野村万蔵
能「熊野」(宝生流)宝生和英
第4回
平成28年9月24日(土)午後2時開演(午後1時開場)
狂言「八尾」(大蔵流)山本泰太郎
能「藤戸」(観世流)観世銕之丞
 

【セット券】
料金/S席28,000円 A席24,000円 B席20,000円
チケット発売/3月12日(土)正午から(初日は電話のみ)
*セット券は電話または窓口でのみ販売します。
【単独券】
料金/第1回:S席9,000円 A席8,000円 B席7,000円
   第2回~4回(各回):S席7,000円 A席6,000円 B席5,000円
チケット発売/3月26日(土)正午から(初日は電話・Webのみ)
 

横浜能楽堂は、今年開館20周年を迎えます。これを記念して、企画公演「伝説の能面 狂言面」をシリーズで開催します。能、狂言の各家が秘蔵する能面・狂言面に焦点をあて、それぞれの面に最も相応しい曲をお送りします。「翁面」の名手として知られた日光作の「白式尉・黒式尉」、秀吉愛蔵の龍右衛門作の「雪月花の小面」のうち金剛流の本面「雪の小面」、宝生流の本面で鼻の付け根にあるカゲが特徴的で、数ある「増」の中でも屈指の名作として知られる「節木増」、死人を横に死相を写したという伝説が伝わるほど迫真の形相を生み出した日氷作の「蛙」(観世銕之丞家蔵)など、伝説的な能面が使用されます。

次のページ »
トップにもどる
横浜能楽堂
住所:
〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
電話:
045-263-3055
休館日:
無休 (施設点検日と年末年始を除く)
開館時間:
午前9時~午後8時
横浜能楽堂は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。
©横浜能楽堂