日本語
英語
中文
小
中
大
横浜能楽堂について
公演・催事
日本の古典芸能
施設のご利用

当館は、能・狂言や、その他の古典芸能(日本舞踊、邦楽等)の公演や発表、そしてお稽古の場として、どなたにもご利用いただけます。
どうぞお気軽にお問合せ・ご相談ください。

  • NEW
  •  
  • NEW

さまざまなご利用のご紹介

公演、発表会で能楽堂をお使いいただくほか、お稽古や練習のために、楽屋・研修室を一部屋単位でリーズナブルにご利用いただけます。
掃部山公園と県立音楽堂、県立青少年センター、神奈川県立図書館に囲まれた緑豊かな環境の中でのお稽古はいかがですか?

人数にかかわらず

● 個人または少人数で

あまり知られていませんが横浜能楽堂は個人でお使いいただけます。平日の午前中(9時から12時)ですと、1900円から。
たとえば、自主稽古のためにお借りいただき、存分にお稽古をすることができます。「いつも稽古を受けている同じ部屋を借りて自主練習ができるので、目線や身体の使い方に迷うことがなく集中してお稽古ができる」と好評です。

ご利用のお部屋: 研修室4
ご利用: 個人稽古


個人でのお稽古

● グループ・集団で

もちろん、グループ・集団でのお稽古や発表会でご利用いただけます。
2階の研修室は、二部屋をつなげてご利用が可能ですので、お稽古されるお部屋と順番をお待ちになるお部屋というように、余裕を持ってお使いいただけます。第二舞台は発表会等で50名程度までの人数でご利用いただいています。

ご利用のお部屋: 第二舞台
ご利用: グループの発表会


観世流・和謡会 様

さまざまな古典芸能のお稽古場として

● 仕舞で

10畳の広さのある板張りのお部屋は、仕舞や日本舞踊のお稽古にぴったりです。
二間続きでお借りいただくと、人数が多いお稽古でも広々とお使いいただけます。定期的なお稽古でのご利用も可能です。

ご利用のお部屋: 研修室4
ご利用: 謡・仕舞


観世流・冨久謡会 様
主宰 田邉哲久先生

● 囃子で

音の出る楽器についてもご利用いただけます。
横浜能楽堂では、能管をはじめ、囃子のお教室でご利用をいただいております。

ご利用のお部屋: 楽屋
ご利用: 能管


笛方一噌流 一噌隆之先生

● 日本舞踊で

能楽以外のご利用として、日本舞踊やその他の古典芸能にもお使いいただけます。
板張りの研修室4は、先生と生徒さんが並んでも充分な広さです。夜22時まで貸出していますのでお仕事帰りのお稽古も可能です。音源としてラジオカセットの貸出もあります。(有料、1時間100円)

ご利用のお部屋: 研修室4
ご利用: 日本舞踊


日本舞踊のお稽古

有料公演・発表会・お稽古で・・・

● お稽古で

第二舞台では、能舞台を使ってお稽古ができることが魅力です。
横浜能楽堂の第二舞台は、本舞台を写したもので、実際の能舞台の空間で舞うことを意識したお稽古ができます。

ご利用のお部屋: 第二舞台
ご利用: 謡・仕舞のお稽古


観世流・梅若能楽教室 様
主宰 梅若紀彰先生

● 発表会で

横浜能楽堂の本舞台は140年余の歴史ある能舞台。昭和の名人が数多舞ったこの舞台に立つと、特別な空気を感じていただけることでしょう。
本舞台は5時間または9時間の単位での貸出のほか、申合せ(リハーサル)でのご利用は1時間単位での貸出も行っています。「1時間だけ使ってみたい」という場合も、ぜひご相談ください。

ご利用のお部屋: 本舞台
ご利用: 発表会


第三十二回横浜五流能楽大会
横浜能楽連盟 様

● 有料公演で

公演でのご利用は、スタッフが打ち合わせから本番終了まできめ細やかに対応いたします。チケット作成・販売代行サービスのほか、ちらしの配布協力などのサービスも承っています。(一部有料)
万作の会様には、普及公演よこはま「万作・萬斎の会」を2001年から年に1度、横浜能楽堂で開催いただいています。

ご利用の施設: 本舞台(ロビー・楽屋・2Fレストランスペースを含む)
ご利用: 有料公演


狂言「栗焼」野村万作
(写真提供:万作の会 様)
撮影:政川慎治

● 撮影会で

横浜能楽堂は古典芸能の振興に関するご利用に、積極的に対応しています。
ユニークなご利用の例として、「能楽写真撮影会」をご紹介します。
第二舞台を舞台空間として活かし、臨場感のある撮影会が行われています。

ご利用のお部屋: 第二舞台
ご利用: 写真撮影会


りんぷうの会能楽撮影会
(写真提供:凛風の会 様)

ご利用施設紹介

  • 本舞台

    能・狂言、その他の古典芸能の公演・発表、その準備や練習にご利用いただけます。

    能舞台: 5.91m(京間3間)四方
    橋がかり: 幅2.42m、長さ10.26m
    鏡の間: 約20畳
    装束の間: 10畳
    焙じ室: 約3.5畳
    客席数: 486席(車椅子用スペース5席を含む)

  • 第二舞台

    能・狂言、その他の古典芸能の練習等にご利用いただけます。

    舞台面積: 本舞台と同じ
    付属の和室: 6畳×2室
    客席: カーペット敷 概ね60人収容

  • 研修室(4室)

    舞台の控室及び、能・狂言、その他の古典芸能の練習等にご利用いただけます。

    広さ: 各室約12畳(研修室4は板張り)

  • 楽屋(4室)

    本舞台利用の場合の楽屋及び本舞台の利用のない場合は、能・狂言、その他の古典芸能の練習等にご利用いただけます。

    広さ: 各室約10畳

ご利用の流れ

お電話、来館、E-mailにて施設の空き状況をお問い合わせください。あわせて利用内容についてもお尋ねいたします。
ご利用希望の日時・内容の確認ののち、予約となります。会の名称、利用時間帯とご連絡先をお伺いします。
ご利用金額をお知らせいたます。ご利用料金は前納となります。お支払いは来館・郵便局からの払込・銀行振込のいずれかをご利用いただけます。
※学校関係のご利用には、施設利用料の減免制度がございます。詳しくはお問い合わせください。
「利用の手引き」により担当者からご利用について説明させていただきます。ご相談・ご要望などはこの時にお伺いします。施設の利用方法だけでなく、お弁当の手配や打ち上げ等についてご相談ください。
ご利用時間は準備から後片付けまでを含みます。お荷物の事前の預かり、終了後の宅配便ご用などについても承ります。

ご利用手続きのご案内

1.申込受付開始日

本舞台
● 能・狂言の公演・発表、その準備や練習のための利用
利用しようとする日の属する月の24ヶ月前の月の第2日曜日
(先着順)
● 能・狂言以外の古典芸能の公演等のための利用
利用しようとする日の属する月の12ヶ月前の月の第2日曜日
(申込多数の場合は抽選)
第二舞台
利用しようとする日の属する月の12ヶ月前の月の第2日曜日
(申込多数の場合は抽選)
研修室(4室)
利用しようとする日の属する月の6ヶ月前の第2日曜日
(申込多数の場合は抽選)
楽屋(4室)
利用しようとする日の属する月の1ヶ月前の第2日曜日
(申込多数の場合は抽選)

2. 申込受付期限

本舞台
利用する日の2ヶ月前まで受付
第二舞台
利用する日の1ヶ月前まで受付
研修室(4室)
利用する日の前日まで受付
楽屋(4室)
利用する日の前日まで受付

3. 利用の申し込み

申込方法
来館のうえ「利用許可申請書」に施設利用料を添えて、お申し込みください。お申し込みいただくと「利用許可書」を発行いたします。(「利用許可書」は利用当日お持ちください)なお、附帯設備利用料は、利用当日のお支払いとなります。
予約
受付時間
申込受付開始日 → 午前10時30分から午後8時
受付開始日の翌日以降 → 午前9時から午後8時

予約後1ヶ月以内に来館のうえ「利用許可申請書」に施設利用料を添えて、正式にお申し込みください。1ヶ月を経過しても「利用許可申請書」による利用申込及びお支払がない場合は、自動的にキャンセルの取り扱いとさせていただきますので、ご注意ください。
申込場所
横浜能楽堂事務室  電話:045-263-3050
申込受付
午前9時~午後8時
抽選受付
(抽選となる場合)
(申込受付開始日の)午前9時~午前10時
抽選会
(抽選となる場合)
(申込受付開始日の)午前10時15分~
※抽選会終了後は、先着順で受け付けます。
※本舞台または第二舞台とその他の施設を同時に利用する場合の申し込みは、一括して行えます。
※利用の目的によっては、申し込みをお断りする場合もございます。





施設利用料金

種別利用区分全日
(9-22時の間の連続した9時間)
半日
(9-17時の間の連続した5時間)
夜間
(15-22時の間の連続した5時間)
本舞台入場料 無料平日¥143,000
(¥20,400)
¥95,000
(¥23,700)
¥111,000
(¥27,700)
土日休日¥179,000
(¥25,500)
¥139,000
(¥34,700)
¥159,000
(¥39,700)
入場料 有料平日¥215,000
(¥30,700)
¥143,000
(¥35,700)
¥167,000
(¥41,700)
土日休日¥269,000
(¥38,400)
¥209,000
(¥52,200)
¥239,000
(¥59,700)
本舞台を利用する公演に
伴う準備又は練習
1時間につき14,000円
 
種別利用区分午前
(9-12時)
午後
(13-17時)
夜間
(18-22時)
第二舞台平日¥9,800¥14,800¥16,400
土日休日¥12,200¥18,400¥20,400
研修室
(1部屋につき)
平日¥2,300¥3,400¥3,800
土日休日¥2,800¥4,100¥4,600
楽屋
(1部屋につき)
平日¥1,900¥2,900¥3,200
土日休日¥2,300¥3,400¥3,800
※利用時間には準備と後片付け等の時間も含まれます。
※本舞台を利用する場合は、楽屋の料金も含まれています。
※利用時間を延長する場合は1時間あたり各欄上表( )内の金額を延長料金としていただきます。
※申込後キャンセルする場合、利用料金は原則としてお返しできませんので、ご留意下さい。ただし、
本舞台能・狂言での利用→利用日の8ヶ月前まで
能・狂言以外での利用→利用日の3ヶ月前まで
第二舞台利用日の1ヶ月前まで
研修室利用日の1ヶ月前まで
楽屋利用日の7日前まで
に手続きすれば、半額お返し致します。





附帯設備利用料

種別単位全日半日・夜間
舞台設備立木台一台¥900¥500
立木一台¥1,800¥1,000
作り物(骨組みのみ)一台¥1,800¥1,000
作り物(骨組み以外)一台¥5,400¥3,000
一畳台一台¥900¥500
葛桶一点¥5,400¥3,000
葛桶蓋一点¥1,800¥1,000
床几一点¥2,700¥1,500
毛せん一式¥900¥500
引廻し一式¥1,800¥1,000
台掛け一式¥3,600¥2,000
びょうぶ一双¥4,500¥2,500
平台一台¥900¥500
箱足一台¥450¥250
燭台一本¥900¥500
菊造花一式¥1,800¥1,000
照明設備スポットライト一台¥900¥500
フットライト一式¥900¥500
ピンスポットライト一台¥1,800¥1,000
映像設備スクリーン一台¥900¥500
録画装置(本舞台)
(テレビカメラ・ビデオデッキ)
一式¥18,000¥10,000
音響設備(本舞台)一式¥4,500¥2,500
マイクロホン一台¥1,800¥1,000
システムワゴンA
(ビデオデッキ・スクリーン・マイク等)
一式¥6,300¥3,500
システムワゴンB
(ビデオデッキ・スクリーン等)
一式¥4,500¥2,500
ミキサーワゴン(本舞台)
(ミキサー・カセットデッキ・マイク等)
一式¥4,500¥2,500
ラジオカセット一台¥900¥500
その他の設備同時通訳設備一式¥90,000¥50,000
同時通訳用レシーバー一点¥900¥500
かみしも一着¥900¥500
ホワイトボード一台¥900¥500
拍子板一台¥900¥500
見台一台¥450¥250
座布団一枚¥450¥250
トップにもどる
横浜能楽堂
住所:
〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
電話:
045-263-3055
休館日:
無休 (施設点検日と年末年始を除く)
開館時間:
午前9時~午後8時
横浜能楽堂は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。
©横浜能楽堂